おでん屋が舞台の昭和な人情物語

Android iOS
お客さんの数だけ愚痴の種類も増えていきます

面倒な操作やスキルを必要とせず、スキマ時間にサクッと遊べて適度な満足感を得られることで、スマートフォンの定番ゲームジャンルとなった「放置系ゲーム」。舞台設定や目的に工夫を凝らし、バリエーション豊かなゲームが多数登場していますが、なかでもとりわけユニークな設定が光る秀作が、この「おでん屋 人情物語 ~今宵 キセキの起きる店~」です。

町はずれで営業する、おでん屋台の店主となって、そこに集まるお客さんたちの「愚痴」を聞いてあげるのが、このゲームの目的。バリキャリ風の女性会社員、工場で働く若者、出版社の中間管理職と、様々なタイプのお客さんから、新たな愚痴を引き出すことで、お金が稼げるだけでなく、物語も展開していきます。鍋のおでんがなくなれば通知してくれるので、放置したままでも大丈夫。時折お店をのぞいて、お客さんの愚痴を聞いてあげるだけでよい点は魅力といえるでしょう。

愚痴を集めていくことで明らかになっていく、ちょっと切ない物語も注目したいところ。懐かしさと人情があふれる「昭和」な雰囲気を味わいたい人にオススメのゲームです。

徐々に進展していく物語も気になるところ

この記事で紹介しているアプリ

おでん屋 人情物語 放置系ゲーム 昭和