奥深い「肉」の世界がわかるバイブル

Android iOS
牛肉、豚肉のほか主要な食用肉をほぼ網羅

安価に楽しめるチェーン系の焼き肉店でも、スーパーなどでは見かけない希少部位を扱うようになった昨今。注文しようにも名前から肉の部位をイメージすることができず、カルビやロースばかり食べてしまう人も多いのではないでしょうか。そこでオススメしたいのが、焼き肉店で注文をする際に困らないための知識が身に付く「焼肉手帳」。同名書籍のアプリ版です。

牛、豚はもちろん鶏や合鴨、馬まで全部で134の部位を写真や図版を使い詳しく紹介。解説文では、味・食感・稀少度・別称・値段の目安など実用だけでなく、思わず人に披露したくなるウンチクも満載されています。キーワード検索のほか、部位の図版をタップすることで、知りたい部位の情報が表示されるなど紙の書籍にはない、アプリならではの便利な機能が追加されている点も魅力といえるでしょう。

書籍版の価格が1470円なのに対し、アプリ版の価格は現在300円(期間限定割引価格/通常は700円)と、かなりお得になっているのもよいところ。焼き肉店や焼き鳥店で、迷わず注文できるようになりたい人だけでなく、「肉道」を究めたい人にとっても良質な参考書となっています。この機会に購入を検討してみてはいかがでしょう?

図版や写真から直接解説が引き出せる点も便利

この記事で紹介しているアプリ

焼き肉 焼き鳥 肉の部位