米軍提供の「台風進路予測」をチェック

Android iOS
発生中の台風は赤い背景で強調されます

台風が発生した際、気になるのはその進路。自分が住んでいる地域には影響がなさそうな場合でも、テレビやネットの情報を細かくチェックしている人は多いと思います。そこで役立つのが、「Typhoon – 日本の台風情報」というアプリ。ハワイのアメリカ海軍太平洋気象海洋センターに設置されている「合同台風警報センター(JTWC)」が提供する、最新の台風予測情報をチェックできるアプリです。

発生中の台風だけでなく、今年発生したすべての台風の動きを見ることができる点が大きな特徴。表記は国際的な取り決めに準じているので、日本とは違い最大風速の強い順に「Typhoon(タイフーン)」「Tropical Storm(トロピカル・ストーム)」というように呼称が変わります。台風の名前をタップすると、より詳しい進路を確認することも可能です。

JTWCだけでなく、日本の気象庁が提供する発生中の台風に関する情報がチェックできるのもよいところ。こちらは、台風の名前をタップすると台風情報のテキストが日本語で表示されます。両方の情報をあわせて参照することで、台風の予測進路をより精密に調べることができるでしょう。

気象庁が提供する台風情報もあわせて確認することが可能

この記事で紹介しているアプリ

台風情報 合同台風警報センター(JTWC) 気象庁