うどん作りに必要な塩と水の量がわかる!

Android
基本は用意した小麦粉の分量を入力するだけでOK

基本的な材料は小麦粉と水と塩だけでよいため、蕎麦や中華麺に比べ簡単なイメージのある「うどん」。蕎麦打ちは難しそうだけど、うどんなら一度くらいチャレンジしてみたいと考えている人も多いでしょう。とはいえ材料がシンプルなだけに、美味しいうどんを打つためには水加減が重要。ネットにもたくさんレシピが紹介されていますが、必要な人数分に調整する際の計算がわからず失敗してしまうのは避けたいもの。そこで重宝するのが、この「うどん加水量計算」です。

使い方はとても簡単で、基本的には用意した小麦粉の量を入力するだけ。「計算する」ボタンをタップすれば、入力した小麦粉の量に必要な塩と水の分量、そして完成するうどんの玉数(デフォルトは1玉100グラム)を算出してくれます。

1玉の分量や塩水濃度、加水率はカスタマイズ可能になっており、慣れてきたら自分の好みにあわせて調整できるのもよいところ。まずは標準の分量で修業を積み、細かく調整をしながら自分だけのオリジナルレシピを完成させてみてはいかがでしょうか?

必要な塩と水の分量を自動計算してくれます。カスタマイズも可能!

この記事で紹介しているアプリ

うどん 塩水濃度 手打ち