年が明けても大丈夫! スマホで楽々年賀状

Android iOS
イラスト/大串ゆうじ

新年のあいさつをメールやSNSのメッセージなどで済ませるのが一般的になってきているとはいえ、やはりお正月にハガキで年賀状が届くのは嬉しいもの。しかし、仕事などで年末を忙しく過ごしてしまい、年賀状を作る暇もなかったという人も多いと思います。そこで今回は、年明けでも間に合う年賀状作成アプリをご紹介しましょう。

まずご紹介したいのは、日本郵便の公式アプリとなる「はがきデザインキット 2015」。豊富なデザインテンプレートを使い、見栄えのよい年賀状が簡単に作成できるアプリです。いちばんの特徴は、LINEでつながっている人であれば、住所がわからなくても年賀状を発送できる点。LINEの友人が多い場合には、かなり重宝するのではないでしょうか。もちろん、LINEの友達以外にも住所を指定して年賀状を送ることができますよ。

届いた年賀状に返事を出したいが、宛名を書き移すのが面倒…という場合には、「スマホで年賀状 2015」が便利。年賀状の宛名面をカメラで撮影するだけで、住所の入力ができてしまう優れものアプリです。オペレーターが人力で入力を代行するので、データ化されるまでに若干時間がかかる点にはご注意ください。

スマートフォンで作成する年賀状でも、なるべくオリジナリティのあるデザインにしたいのであれば、「筆姫 年賀2015 おしゃれな年賀状」を使ってみましょう。スタンプやペンツールなど、デザインをカスタマイズする機能がたくさん用意されている年賀状作成アプリです。カワイイ系のデザインが多いので、女性には特にオススメかもしれません。

一方、なるべくシンプルで真面目な印象を与える年賀状を作りたいのであれば、「ビジネス年賀状」がオススメ。名前の通り、仕事上のお付き合いで出す年賀状に最適なテンプレートがたくさん用意されているだけでなく、ほとんどカスタマイズする必要なく年賀状が完成してしまう簡単さも魅力となっています。

そして最後にご紹介するのが、ユニークな年賀状を作りたいという人にピッタリな「Clip – うごく年賀状・写真が作れる無料ARアプリ」。AR機能を使い、動画入りの年賀状が作成できるアプリです。届いた年賀状にスマートフォンをかざすと動画が再生されるので、もらった人が喜ぶこと間違いなしでしょう。

以上、コタツに入ってテレビを見ながらでも年賀状が作れてしまうスグレモノばかり。年に一度のごあいさつを通じて、今年はさらにお付き合い上手になってみてはいかが?

このテーマで紹介しているアプリ

動く年賀状 年賀状 年賀状作成 日本郵便