仕事効率アップ!「Microsoft」最新アプリ5選

Android iOS
イラスト/藤田としお

よりPCに近い感覚で操作ができるスマートフォン向けOS「Windows 10 Mobile」が発表されるなど、ビジネスでの活用がさらに加速しそうなスマホ&タブレット。Android端末やiPhoneでも、待望されていたワードやエクセルの公式アプリが登場するなど、ビジネス向けの環境がかなり整備されてきました。そこで今回は、アプリメーカーとしてスマホにも本腰を入れているマイクロソフトがリリースしている、ビジネス向けアプリの最新作をご紹介しましょう。

まずは、プレゼンに欠かせない「Microsoft PowerPoint」。公式アプリだけあって、ファイルの再現性はもちろん、PC版とほぼ変わらない機能を基本無料で利用できる点が大きな魅力。画面の大きなタブレット端末なら、パソコン感覚で利用できるはずです。

仕事で使えるカメラアプリを探しているなら、「Office Lens」は見逃せないところ。ホワイトボードや書類を撮影してデータとして管理するアプリで、傾き・ゆがみを強力に補正するなど、補正機能に特化しています。撮った写真をPDFだけでなく、ワードやパワポの文書に変換してくれる点も、マイクロソフト製ならではの特徴といえるでしょう。

プレゼンや商談でノートパソコンを活用している人なら、「Office Remote for Android」もチェックしてほしいところ。スマホをパワポやワード、エクセルのファイルを操作するリモコンとして活用するためのアプリです。手元でメモを見ながらプレゼンができるようになるなど、特にスライドショーの操作で効果を発揮してくれることでしょう。

少し毛色が違うところでは、ビジネスはもちろん、プライベートでも欠かせないスケジュール管理アプリ「Sunrise Calendar」。Outlook.comはもちろんGoogleカレンダーやiCloudなど、複数のカレンダーサービスのデータをまとめて管理でき、話題です。日程調整に便利な「MEET」機能も用意されています。

そして最後にオススメしたいのが「Next Lock Screen」。SMSのメッセージや直近の予定に加え、ニュースアプリの速報など、様々な情報をロック画面に表示するアプリです。使い勝手のよいランチャーもあるので、ロック画面だけで基本的な操作を素早く快適に行うことができるようになるはずです。

以上、仕事で「オフィス」を活用している人はもちろん、スマホのビジネス向け機能を充実させたい人なら、インストールしておいて損がないものばかり。他のビジネス系アプリとあわせて利用し、仕事力を向上させましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

Microsoft オフィス マイクロソフト 公式アプリ