“手書き風”年賀状を作れるアプリ5選

Android iOS
イラスト/石井里果

デザインから宛名印刷、発送までも代行してくれる年賀状サービスが普及した昨今。スマートフォンだけで年賀状を送ることができるようになりました。しかし、こういったサービスは紋切型のデザインが多いだけに、物足りないイメージを持っている人もいるでしょう。そこで、ひと手間加えるだけで、スマートフォンで作る年賀状に「手作り」の味わいを添えてくれるアプリを紹介しましょう。

まずは、綺麗な文字を書くための練習ができる「美文字判定 書いて添削」から。ひらがな46文字と、美文字の基本となる漢字50文字をお手本通りに書くためのアプリです。スマートフォンの手書き機能を使って画像化し、貼り付ければ、デジタルながら温かみのある年賀状の出来上がりです。

手作りの風合い一層強調したい時には「筆文字」も効果的。デジタル年賀状に取り入れたいなら「Zen Brush」を使ってみましょう。墨の濃さや筆先の太さを調整しながら、本格的な筆文字や毛筆イラストを描くことができます。来年の干支は「申(さる)」。渋いニホンザルのイラストに挑戦してみるのも面白いかも?

素朴な味わいを年賀状に加味したい人には、「ScanStamp – 手描きスタンプ」がオススメ。自分で書いた文字やイラストをカメラで撮影し、“いも判”風のスタンプ画像に加工してくれるアプリです。署名を印鑑風に加工すれば、遊び心あふれる演出ができるのではないでしょうか。

こうして作成した手作り風素材を年賀状に取り込む時には「かんたん年賀状 2016 スマホで簡単に年賀状印刷」が便利。簡単な手順で写真入り年賀状の作成と印刷注文ができるアプリです。もちろん、手作り風にこだわらず、なるべく手っ取り早く見栄えのよい年賀状を作りたい場合にも役立ちますよ。

そして最後は、年賀状作りで一番面倒な宛名書きの手間を大幅に効率化してくれる「宛名印刷、電話帳や連絡先の管理に:筆まめアドレス帳」。端末に保存された住所録データをもとに、敬称や連名の追加など年賀状用の宛名データを作成。さらに、スマホから直接筆文字で年賀状の宛名一括印刷ができるスグレモノです。「手作り」の味わいを添える…とはいえ、少しはここで楽をして、他のデザインに力を入れましょう!

以上のアプリを使えば、スマートフォン上の操作だけで完結するとはいえ、「手作り」の雰囲気を演出することができるはず。ひと手間加えるだけで印象がかなり変わるので、年賀状のアイデアに行き詰まった人はぜひお試しください!

 

このテーマで紹介しているアプリ

¥0 株式会社グラフィック
もってる!!
11 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
年賀状作成 手作り年賀状 手書き風