新年の準備OK?技ありカレンダーアプリ

Android iOS
イラスト/後藤亮平

そろそろ新しい年に備え、手帳の買い換えを検討している人も多いのでは? スマートフォンのカレンダーアプリも手帳を選ぶ感覚で、最新の機能を搭載したものを試してみましょう。今回は、新年をフレッシュな気持ちで迎える効果も期待できる、最新&ユニークな機能を備えたカレンダーアプリを紹介します。

まずは、なるべく簡単にスケジュールを登録したい場合にオススメの「Yahoo!かんたんカレンダー 無料スケジュールアプリで管理」。あらかじめ用意されているスタンプをカレンダー上に配置するだけで登録できる点が特徴となっています。忙しいなか、まとめて予定を登録したい人は、かなり重宝するのではないでしょうか。

リマインドの設定を忘れてしまい、登録していた予定に遅刻した経験がある人には、「Kono(コノ) : 無料のAIカレンダー」を使ってほしいところ。予定の場所を登録しておけば、「スマートアラーム」機能により現在地から予定地までの移動時間をアプリが自動的に計算し出発時刻を教えてくれるほか、遅刻の連絡まで促してくれるスグレモノです。

仕事の予定にばかり気を取られ、家族や恋人との予定がおろそかになりがちな人には「スケジュール 共有アプリ: TimeTree 家族の予定管理」が役立つはず。「家族」や「飲み仲間」など、小規模なグループごとにカレンダーを共有できるだけでなく、共有相手とカレンダー上の予定について話し合うチャット機能も用意されているので、コミュニケーション不足を補うことも可能です。

毎日使うものだけに、機能はもちろんデザインも重視したいなら「Solカレンダー – SolCalendar」がオススメ。スッキリと使いやすいデザインが魅力で、スケジュールだけでなくToDoの管理も簡単にできる点が魅力となっています。長期の締め切り付きToDoも登録できるので、一年の目標を立てるのにも使えるでしょう。

そして最後に紹介するのが「カレンダーウィジェット」。名前のとおり、カレンダーや予定の一覧をホーム画面に配置するためのウィジェットです。デザインのカスタマイズが容易なほか、ウィジェットから直接リマインドの設定ができる点がよいところ。普段使っているカレンダーアプリのウィジェットでは満足できない人は、こちらをお試しください。

それぞれユニークな特徴を持っているので、複数のアプリを組み合わせて使うのもアリ。新年をきっかけに、スケジュール管理の達人を目指してみてはいかがでしょう?

このテーマで紹介しているアプリ

カレンダーアプリ スケジュール管理 予定管理 手帳