アプリがプレゼンをナイスアシスト

Android
イラスト/豊村真理

プレゼンは、ビジネスマンにとって晴れ舞台のひとつ。しかしながら、人前でしゃべるのが不得意だったり、過度に緊張してしまったり、プレゼンが苦手だという人が多いのも事実です。そこで、今回はあなたのプレゼンをアシストしてくれるアプリの数々をご紹介します。

Googleが提供する音声認識アプリ「Google 音声検索」と連動して、つぶやいた音声をテキストに変換し、自動でメモしてくれるアプリ「マイツイートメモリー」。大事なプレゼンの前には練習やリハーサルは必須。その際に、気になったポイントがあれば、このアプリで声に出してメモしましょう。いつも持ち歩くスマホに簡単にメモを残せるので、本番前に気をつけるべき点をギリギリまで再チェックできますよ。

そんなプレゼン本番で気になるのが、自分の声や言い回しなど。どれだけロジカルにアトラクティブに伝えられているのか、事前に客観的に聴いてチェックすることが重要です。そんなプレゼンの練習に欠かせないのが、ボイスレコーダー。無料でシンプルなボイスレコーダーアプリ「Voice Recorder」を使って、しっかり自分のプレゼンをチェックしておきましょう。こちらのアプリは、ホーム画面にウィジェットアプリとして配置することも可能。「必要なときすぐに見つからない…」なんて心配もありませんよ。

そして、ついに迎える本番当日。練習した成果をしっかり出したいところです。しかし、ダラダラ長いプレゼンは、聴く側に悪い印象を与えがち。ロジカルに短くまとめ、いかに考えられた時間配分にするかが成功のカギになります。そこで、タイマーアプリ「スピ缶」を使いましょう。「スピ缶」は、時間を音ではなく振動で知らせしてくれるタイマーアプリ。プレゼン相手に落ち着いた印象を与えるためにも、時計をチラチラ見るのは避けたいもの。本アプリを起動させたスマホ端末をポケットに忍ばせて、スマートなプレゼンを実現させましょう!

また、プロジェクターを使ったプレゼンだと、資料がうまく切り替わらないなど、意外なところでアクシデントが起こりえます。そんな事態を未然に防いでくれるのが、スライドのページ切り替えをスマホから手軽にできる「ZENPRE for Android」です。スマホ端末がパソコン用のリモコンに早変わり! いちいちパソコン操作をする無駄な動作や時間をカットして、手元でササッと操作すればよりスムーズに相手を引き込めるはずです。

プレゼンの練習アプリや本番で役立つツールを活用すれば、プレゼンの成功率が上がること間違いナシ! プレゼンでもスマートフォンをどんどん活用していきましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

¥0 Luck-Of-Wise.com
もってる!!
199 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
¥105 Sunrise Advanced Engineering co.,ltd
もってる!!
122 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
¥0 Fusic CO., LTD.
もってる!!
185 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
Google 音声検索 PowerPoint タイマー プレゼン ボイスレコーダー リハーサル リモコン 音声認識