名刺を読み取ってデータ保存!

名刺を読み取ってデータ保存!

新規の取引やパーティなどでたまった名刺、上手に管理していますか? 名刺ファイルなどに入れて一括にまとめておいても、いざというときにサッと見つけられなかったら意味がないし、かといって、テキストデータとしてその都度入力するのも正直メンドクサイですよね。
そんなときこそ、アプリ「CamCard Free – 名刺認識管理」を使って、名刺をデータとしてスマホに取り込んじゃいましょう。スマホだから、外出先で連絡先が必要になったときも即対応できますよ!

まずは、アプリを立ち上げ、「写真を撮る」をタップ。カメラモードが起動するので、撮影ボタンを押します。

すると「CamCard Free – 名刺認識管理」が名刺データを読み取り、「名刺入れ」に保存します。そしてこのアプリがすごいのはここから! なんと読み取った「名前」「携帯番号」「メールアドレス」「勤務先の住所・電話番号・FAX番号」などを自動でテキストデータ化してくれるんです。

テキストデータ化されるので、電話をかけたいときも簡単。「名刺入れ」から該当人物の名刺を呼び出し、画面に表示される「電話」ボタンをタップするだけでOK。同様に「メール」ボタンをタップすればメールも送れちゃいます。

保存されたデータは、クラウドで一元管理することができます。スマホ、タブレット、パソコン、どこからでも同じデータにアクセスできるので安心ですよ。
言語は日本語、英語、中国語、韓国語に対応。ちなみにこの無料版では50枚の名刺を保存でき、毎週2枚ずつ増やしていくことができます。使ってみて便利だと感じたら、保存枚数に制限がない有料版の購入を検討してみては?

価格:無料(C) 2013 IntSig Information Co.,Ltd

※紹介しているアプリの詳細や価格は2013年07月23日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ