懐かしいフレーズ「白いとこ踏まないで!」

3つのモードから好きなものを選んでください

子どものころ横断歩道を渡るときに、「白い部分を踏んだら負け~!」みたいなルールを作って遊んだことはありませんか? そんな童心を呼び覚ませてくれるゲームアプリが「白いとこ歩いたら死亡」です。出てくるマスの中から、黒(グレー)の部分だけを順番にタップして、歩き進めていきます。

ゲームモードは、全部で3種類。「たいむあたっく」では、黒いマスだけをタップして歩き進み、ミスすることなくいかに早く50歩進められるか競います。「えんどれす」では、11秒から時間が減り始めて、時間内に50歩達成できるごとに10秒追加され、時間切れになるまで遊ぶことができます。「すんどめ」は、10秒以内に歩けた距離を競うもの。5秒以降はカント表示がなくなり、10秒以上歩いてしまったら即死亡なので注意しよう!

最初は「上履き」でのスタートですが、白いマスを踏まずに歩けば歩くほど、ごほうびとして新しい靴をゲットすることができます。

このゲームは慣れが肝心。目と指が慣れてくると難なく黒いマスだけをタップして進むことができますが、最初はけっこう躊躇して指が思うように動かず、すぐ白いマスを踏んでしまいます…。手元よりも先のマスを見ながら何も考えずにタップしていくと、意外とズンズン進めますよ!

(遠藤麻衣/verb)

こんな感じで「マス」と「足」が登場。黒いマスだけをタップ!
「すんどめ」モードは難しい…。アウトになるとサメに食われます

※紹介しているアプリの詳細や価格は2013年02月16日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ

ゲームアプリ タップゲーム 子ども向け 懐かしゲーム