最大“6倍”充電長持ち

スイッチを切り替えるだけで最大6倍も充電長持ち!

スマホを使ううえで一番気になることって、やっぱり“バッテリーの持ち”ですよね。最近は、大容量バッテリーを搭載した機種が増えてきて、改善傾向にありますが、それでも長く使えれば使えるほど助かるのは違いありません。では、「最大6倍も充電が長持ちするアプリがある!」といわれたら? 当然気になりますよね。

そのアプリは「iBattery 」(アイバッテリー)。すでに20万インストールを突破した人気アプリです。バッテリーを長持ちさせる秘訣は簡単。画面消灯中に、「LTE」や「Wi-Fi」などの機能をオフにするんです。具体的には、アプリを起動すると画面にスイッチが表示されるので、タップしてエコモードを「ON」にする。これだけです。

詳細設定は、アプリ画面右上の「設定」ボタンから行います。デフォルトでは、エコモード時に「Wi-Fi」「LTE」「Bluetooth」「起動中のアプリ」を終了するように設定されているほか、「画面消灯から切断までの時間」を選べたり、「○%以下で自動的に機内モードにする」「定期的に通信機能を回復する」などの機能も選べます。

エコモードへの切り替えは、いちいちアプリを立ち上げず、スマホの通知領域でオンオフを切り替えることも可能。「少しでも長い時間スマホを使いたい」という人は一度試してみてください!

(島尻明典/verb)

 

「通知センターに表示する」にチェックを入れると、スマホの通知領域で切り替え可能に
画面消灯中に使わない機能をオフにすることで、バッテリーを長持ちさせます

※紹介しているアプリの詳細や価格は2013年08月14日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ

エコモード バッテリー長持ち 充電長持ち