Google Map新機能「位置情報共有」を恐れる人々

リアルタイムで位置情報が共有できるGoogle Mapの新機能 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(YouTube Google Maps公式チャンネルより)
Googleは地図アプリ「Googleマップ」にユーザー同士が位置情報をリアルタイムで共有できる新機能を近日中に実装すると発表した。

サイドメニュー、もしくは現在地を示す青い丸をタップすると出てくる「現在地の共有」から設定ができるこの新機能。位置情報を共有したい相手と共有する時間の長さを選ぶと、自分の位置情報が相手のGoogleマップ上に表示される。さらに移動状況や目的地への到達予想時間も共有できるという。

自分の行動記録をリアルタイムで知らせることができ、ツイッターでは、

「車で迎えに行くとき、一人だとLINE飛ばしにくいから、この機能はありがたい!!」
「この機能、早く欲しい!方向音痴の人と待ち合わせするだけで大変だから」

と、待ち合わせなどの際には便利そうだとの声があがっている。しかし、

「すごい、すごいけど、見える!彼氏彼女配偶者雇用主からOnを強制される未来が!つまりテクノロジー・ディストピア!」
「待ち合わせが簡単になるねぇ。逆に、『お前の居場所を表示させろ』的なハラスメント(?)も出てきそうだ」

と、使い方によっては、知られたくなくても自分の位置情報を知らせなければいけない状況が生まれるかもしれないとの見方もあった。

もちろん位置情報を共有するか否かは自分で設定できるものだが、やましいことがなくても自分の位置情報を知られたくないということもあるはず。そういう人にとっては、少々面倒くさい機能になるかもしれない。
(小浦大生)

【関連リンク】
■Google マップで今いる場所や移動中のルートを共有しましょう – Google Japan Blog
https://japan.googleblog.com/2017/03/google.html
■Share your real-time location with the people you want, for exactly as long as you want – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=u62nPKgLJeg
■「google マップ 新機能」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=google+%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97+%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD

Google Maps LINE リアルタイム 位置情報 共有 待ち合わせ 機能