クールビズ“28度”論争 「湿度を考慮すべき」の声噴出

設定温度はともかくクールビズの軽装は賛成との声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです(環境省クールビズページより)
夏場にノーネクタイなど軽装で働くキャンペーン「クールビズ」の一環として推奨された「室温28度設定」。この設定温度をめぐる騒動で、ネット上では議論が巻き起こっている。

「時事ドットコム」などによると、5月11日、クールビズが導入された2005年に環境省の担当課長だった盛山正仁法務副大臣が、首相官邸で行われた副大臣会議で、クールビズの設定温度28度について「何となく決めた」「科学的根拠がない」といった趣旨の発言をした。そのうえで、働きやすさの観点から、設定温度の再検討をするよう促したというのだ。

これに対し、山本公一環境相は翌12日の記者会見で、「28度には根拠がある。(2005年)当時のオフィスの室温が平均26度で、ネクタイを外せば体感温度は2度違うことを含め数字が出た」と述べ、盛山副大臣の発言を否定。さらに「時事ドットコム」では、環境省の担当者が「28度は冷房の設定温度ではなく室温であり、あくまで目安。体調に合わせて下げてもらっていい」と説明し、困惑している様子を伝えている。

環境省のホームページでは、冷房時の室温28度の根拠を「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」で定められた17度以上28度以下の範囲によるものと説明。家庭やオフィスで夏の冷房の設定温度を26.2度から28度に1.8度上げると想定した場合、温室効果ガス削減に大きな効果が期待できるという。

この28度設定の見直し発言をめぐってTwitterでは、

「現実的に28℃では、無理があるのだ!相対湿度を勘案していないので、人種や性別と着衣量のモデルによつて、体感に個人差があるのだ!」(原文ママ)
「28度は科学的なんて言ってる奴は、28度、湿度100パーセント、無風の温室とかで仕事させてやれ」
「夏に28度が暑いのは 当たり前だし、日差しや人数、湿度、気流でも体感温度や不快感は違うんだから 温度だけ決めるなよ…w」
「クールビズの28度設定って、気温だけ語って湿度のこととかを無視しているんだから科学的根拠とか何もないのは明白じゃない
気温28度で室内熱中症になるんだから、見直すべきでしょ」

と、湿度を考慮して見直すべきという声が多数あがっている。一方で、

「職種の多様性を考慮してないのが手落ちの省エネ政策だった。別に科学的な根拠ではなく、エネルギー政策の都合で起きたキャンペーンなんだ」
「大事なのは、地球温暖化対策としての省エネ意識の問題だ。そこから28度の議論をして欲しいものだ」

と、あくまで省エネルギー対策であるという指摘や、

「仕事内容、個人差もあるから、各事業所で運用すればいい」
「今日職場でもみんな『28度は暑い』って言ったけど、私は暑くないんだよなぁ。感じ方は個人差あるよね」

と、そもそも個人差があり、一律に設定温度を決めるのは難しいという意見もあった。

今回の騒動で、省エネによる地球温暖化対策と、仕事の効率や快適さとの兼ね合いの難しさが浮き彫りになったといえそうだ。「28度」をめぐる議論の今後が注目される。
(山中一生)

■関連リンク
・28度は根拠ある数字=クールビズで反論-山本環境相:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051200391&g=eco
・「28度は不快」=クールビズめぐり-副大臣会議:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051100929&g=eco
・クールビズ – COOL CHOICE – 環境省
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/

クールビズ ノーネクタイ 冷房 環境省 論争