東京が屋内原則禁煙の流れへ…居酒屋もNGで異論反論

東京都では、都民からパブリックコメントを2017年10月6 日まで募集
東京都では、都民からパブリックコメントを2017年10月6 日まで募集
東京都が9月8日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、屋内を原則禁煙とする受動喫煙防止条例を制定する考えを発表し、波紋を広げている。今年度内に都議会に提案し、2019年9月に日本で開催されるラグビーワールドカップまでの施行を目指すという。

飲食店、娯楽施設、事業所などの施設は原則「屋内禁煙」。煙が外部に流出することを防ぐ措置を講じた「喫煙専用室」の設置は可能だが、食事をしながらたばこが吸える席はない。ただし飲食店のうち、主に酒類を提供する面積30平米以下のバー・スナックは、喫煙店である旨の表示義務など一定要件を満たせば例外となる。

紙巻たばこのほか、葉巻や加熱式たばこも屋内施設での使用を禁止。また医療施設や児童福祉施設、小・中・高校などは「敷地内禁煙」。個人の住宅、旅館、ホテルの客室、福祉施設、シガーバー、演劇などの舞台は喫煙禁止場所としない。違反すると、喫煙者本人や施設管理者に対して5万円以下の過料が科される場合もある。

現在、都は路上喫煙禁止地区を制定しているが、屋内について行政がここまで踏み込んだとあって、Twitter上でも大議論に発展しており、

“東京都は屋内禁煙の流れか。今まで喫煙可能な店が多かった蕎麦屋とかも禁煙になるのはうれしいかな… 蕎麦好きなのに食べに行けなかったからな。”

という賛成派の声がある一方で、

“とりあえず東京のタバコ屋内禁煙条例が出来たら
東京で居酒屋とか行かない
酒飲む場でタバコ禁止にされるとか無理だわ”
“ここまでやられるとむかっ腹がたつな。オープンカーでたばこ吸いながらパレードでもしてやろうかヽ(`Д´#)ノ≡3”
“行き過ぎた締め付けは隠れ喫煙による火災や禁煙トラブルの元。五輪のための規制ってのも何だかなぁ。”
“自分はタバコ吸わないけど、誇り高き高額納税者なのに迫害されて大変だなァ…(小並感) 吸わない人にとっては 副流煙 不快でしかないけど、居酒屋とかはしゃーないやん”

など、喫煙者だけでなく非喫煙者からも“やり過ぎなのでは……”という声が多くみられる。

また、

“東京の屋内禁煙っておかしくないです?
外で吸われた方が迷惑なのでは?
カフェとかで喫煙席で隔離して吸わせてた方が自分がそこに行かなければ被害被らないよね
でも東京って横断歩道のど真ん中とか道端に喫煙エリア設けられてるんだよね、そっちをどうにかしたら?
という田舎者の意見”
“完全分煙の推進じゃダメなのかね…。ロンドンとか屋内禁煙だけど、屋外ならオッケーなので路上で吸う人が多くて、東京の方が環境もマナーも全然良いと思うけどな。”

など、屋外とのバランスを考察する意見もみられる。

なお、都民ファーストの会と公明党は、子どもを受動喫煙による健康への悪影響から守るための「東京都子どもを受動喫煙から守る条例(案)」を今月下旬にも議会に提出する構え。今年、東京都の屋内喫煙事情に何らか変化が訪れるのだろうか。

(花賀 太)

■関連リンク
東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/09/08/documents/09_01.pdf
「東京都子どもを受動喫煙から守る条例(案)」を提出へ
http://www.komei.or.jp/km/kojomasao/2017/08/29/%E3%80%8C%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%82%92%E5%8F%97%E5%8B%95%E5%96%AB%E7%85%99%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AE%88%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BE%8B%EF%BC%88%E6%A1%88%EF%BC%89%E3%80%8D/

タバコ 喫煙 屋内 東京オリンピック 禁煙