本能寺の変の動機が明らかに? 「光秀の手紙」発見に歴史ファン大興奮

京都の繁華街のど真ん中にある本能寺(本能寺のHPより) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
京都の繁華街のど真ん中にある本能寺(本能寺のHPより) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
三重大学の藤田達生教授が9月11日、明智光秀が「本能寺の変」の後に書いた手紙の原本を発見したことを発表。歴史上の謎であった「光秀が本能寺の変を起こした動機」を示す文書の発見が、ネットで大きな話題となっている。

9月11日付けの毎日新聞によれば、この書状は岐阜県美濃加茂市民ミュージアムに所蔵されていたものだ。書状は、光秀が紀伊(現在の和歌山県)の武将に送ったと見られるもので、これまで写しの存在は確認されていたが、藤田教授は、筆跡や内容から光秀直筆の手紙であると確認。藤田教授は、足利義昭を京都に招いて室町幕府を再興するため、光秀が本能寺の変を起こしたのではないかと説明した。

本能寺の変の動機は、長らく日本史上の大きな謎とされてきた。光秀が主君の織田信長を討った理由については、光秀が自ら天下を取ろうとしたという“野望説”、光秀が個人的に信長に恨みを抱えていたという“怨恨説”、信長に仕えた期間が短い自分は使い捨てにされるのではないかと怖れたという“不安説”のほか、様々な説が唱えられている。そもそも光秀が主犯でないとする“無罪説”さえ存在する。

歴史の謎を解き明かす可能性が高まる史料の登場に、Twitterには、

“すごいのが見つかったね”
“どえらいもん見つけたな”

と、興奮の声が次々と登場。一時は、「本能寺の変」のほか、「明智光秀」「足利義昭」「室町幕府」といったキーワードが「トレンド」に軒並みランクインする事態となった。また、

“やっぱり昔読んだ室町幕府再興説が濃厚だったんだなぁ…”
“私怨説よりずっとこっちの方が納得出来るなぁ。彼は将軍義昭に近しいようにも感じていたから余計に”

と、「結論が出た」というコメントもあるものの、

“外向きの文書だから大義名分的な物との印象も受けるなあ。 動機とか、もっと根っ子の部分とは違う感じを個人的には受ける”
“でも協力者は誰か?って事でしょう? 逃げる道を作らずに謀反を起こすのは意味がないので。協力者は家康?秀吉?元親?それとも別人?”
“「室町幕府を再興しよう!」と書いてあるからといって、本当にそう考えていたとは言えない”
“本能寺の変を起こした後だったら、何とでも言って味方を集めようとするもんではないのかな・・・。突発的か否かとか、関係ある?”
“とりあえず味方が欲しいからその方便とかダシに義昭が使われた可能性のが高い”

など、謎はまだ解けていないと考える人は、かなりの数に上っている。日本史上に残るミステリーを巡る議論は、まだまだ終わることはなさそうだ。
(金子則男)

■関連リンク
・明智光秀 密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ-毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170912/k00/00m/040/159000c・Yahoo!検索(リアルタイム) 「本能寺の変」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCAw_WtrdZgnYAegNol_p7?p=%E6%9C%AC%E8%83%BD%E5%AF%BA%E3%81%AE%E5%A4%89+&ei=UTF-8・本能寺
http://www.kyoto-honnouji.jp/

明智光秀 本能寺の変