iPhone8&X発表 今後“s”は付かない?

iPhone 8は9月22日発売、iPhone Xは11月3日発売、※この画像はサイトのスクリーンショットです(Apple公式サイトより)
iPhone 8は9月22日発売、iPhone Xは11月3日発売、※この画像はサイトのスクリーンショットです(Apple公式サイトより)
Appleは9月12日、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」とともに最上位モデル「iPhone X」の3タイプのiPhoneを発表した。ネットでは、従来までネーミングの法則とは異なったため、その行方が話題となっている。

iPhone 8、iPhone 8 Plusは、新たにA11 Bionicチップを搭載するなどスペック面での強化をはじめ、背面にガラスを採用したり、ワイヤレス充電に対応したりなどの進化を遂げた。指紋認証「Touch ID」やホームボタン、大きさといった点については、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」踏襲する形となった。

一方でiPhone Xは、その名にふさわしく10周年らしい新たな挑戦が随所にみられる。5.8インチの両面ガラスボディに有機ELディスプレイを採用、ホームボタンを廃止し、顔認証「Face ID」を搭載。カラーも恒例の3色ではなく、シルバー・スペースグレイの2色展開に変更された。

一連の発表にTwitterでは、

“もうsは付かなくなるんかな?来年はiPhone9?”
“しかしこのラインナップ、8とXが一緒に今年出ちゃったら来年のiPhoneはどういうネーミングになるのか?来年がiPhone 9になるなら再来年はどうする?”
“iPhoneもWindowsも9飛ばしたけどなんか縁起悪い数字だっけ?”
“iphoneXが9飛ばした理由ってiphoneが初めて世に出てから十周年の記念モデルだから。
「iPhone」に関しては「8」と「X」が出ただけで、「9」を飛ばしたとは限らないんだろうけど“

と「9」にまつわる分析も寄せられている。一方で、

“・iPhone9→一番妥当。だが、今年10を使っちゃったから再来年は10に出来ない。・”iPhoneX2→完全に形をXに一本化することになる。
“現行iPhoneは9で最後でXシリーズをベースに新しいiPhoneが進化するロードマップなのかしら。”

と、「9」より後のiPhoneはXシリーズに集約されるのではないかとの声もあった。

iPhoneシリーズはこれまで、ほぼ2年ごとにナンバリングで新機種をリリース。1年おきにマイナーアップデートを施し、数字に「s」を付記してきた。順当に行けば、今回は「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」となったはずだ。

その伝統がついに終わりを告げることになり、ユーザにとって印象的な出来事となった今回の発表。来年の新機種の名前は一体どうなる?
(山中一生)

■関連リンク
iPhone – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone/

Apple iPhone8 iPhoneX