LINEの送信取消機能 浮気・不倫には好都合!?

誤爆したことがある人は多い ※画像はプレスリリースより

LINEは11月16日、送信したメッセージについて、24時間以内なら取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装することを発表し、ネットで話題になっている。

同社がLINEユーザーを対象に行った調査(有効回答数:8577サンプル 調査期間:2017年11月10日~12日)によると、LINEで誤送信した経験がある人は8割以上という結果に。誤送信内容のトップは「誤字脱字」で、2位は「作成途中」。3位に「意図しないスタンプ送信」「送信先ミス」が並んだ。

誤送信したことに気がついたときの行動としては、「すぐ謝る」が過半数で1位。続いて「間違ったことに呆然とする」「間違ったメッセージを取り消せないか、その方法をWEBで検索する」などが上位にあがり、送信取消機能の潜在的なニーズがあったことがうかがえる。

今回、この機能が実装されることについて、Twitterには、

“やっとかよっ!ほんま何度冷や汗をかいた事か。。。”
“死ぬほど人間違えて送ったりするからLINEの送信取消機能追加はまじで嬉しい”
“変換ミスとかちょいちょいあってハッとする事あるからLINEの送信取消機能めっちゃありがたい”

など、喜びの声が殺到。ただその一方で、

“LINEの送信取消は
有難い気もするけど
誤爆も誤爆で
必要な気がするわ(笑)
浮気や不倫の証拠が残るしね(笑)”
“LINEの送信取消ができるようになったら好きな人にごめーん間違えて送っちゃったーとか彼氏彼女の浮気がバレるとかなくなるのか。、。苦笑”
“LINEが来月からついに送信取消機能取り入れるとかもう浮気の隠蔽し放題やん絶望….”
“これ、不倫とかしてる人は既読ついたら即削除っていう行為が常態化するんだろうね”

など、第三者に読まれたら不都合なメッセージもどんどん消せるようになるという指摘も。また、

“LINEメッセージの送信取消機能も嬉しいけど、ブロックした相手のフレンドから自分のアイコンが消える機能とかグループを退会するとき通知を相手に送らない機能とかほしいです。”
“LINEの発言を消せる機能よりもトークの内容の検索機能が欲しいです…切実…”
“LINEにふぁぼ機能欲しい”

など、他にもユーザー側がリクエストしたい機能はまだまだあるもよう。

LINEは、送信取消の対象となるメッセージについて「ユーザーの皆様の反応を見ながら検討してまいります」としている。24時間以内という時間制限が継続されるのか、そしてさらなる機能追加についても気になるところだ。
(花賀 太)

■関連リンク
LINE Corporation | ニュース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1945

LINE 既読 浮気 誤字脱字 誤爆