「JK=ピッチ」も今は昔 「PHS」終了に労いの声続々

PHS端末初の累計出荷台数200万台突破する人気を誇った京セラ「HONEY BEE」シリーズ ※この画像はサイトのスクリーンショットです(ワイモバイルサイトより)


ソフトバンクと子会社のウィルコム沖縄は4月19日、ワイモバイルブランドによる一般ユーザー向けのPHSの料金プランの提供を2020年7月末で終了すると発表した。この知らせに、ネットでは労いや思い出を回顧する声が相次いでいる。

ガスメーターや自動販売機、無人駐車場の発券・料金精算機などの管理に使用されるテレメタリングサービスを除き、一般向けPHSサービスは終了。現在利用している法人については継続して利用できるが、2019年3月末をもって新規の受け付けは停止する。

PHSは1995年にNTTパーソナル(1998年にNTTドコモに事業を譲渡)、DDIポケット(後にウィルコム、ワイモバイルとなり現ソフトバンク子会社)、アステルが開始したサービスで、全盛の1997年9月末時点での契約数は約700万(一般社団法人電気通信事業者協会調べ)だった。その後、携帯電話の急速な普及の波に勝てず、アステルが2006年、NTTドコモは2008年にPHSサービスを終了しており、今回の終了発表でPHSは25年でその歴史に幕を閉じることとなる。

総務省の電気通信事業者の報告に基づく契約数データによれば、2017年12月時点でのPHSの契約数は279万で、前期比で6.3%、前年同期比21.6%減。最近ではLTE対応の携帯電話(契約数1億1494万)に押され、契約数は減少の一途をたどっていた。

今回の発表を受け、Twitterでは、

“ついにPHSの終焉か。2020年は「さよならPHS、こんにちは5G」になるのかな。”
“PHSが終わるか。昔当たり前だったものがどんどん消えていくなー”
“PHSサービスもついに終了か。1995年からだから25年。よくもちましたな。”

と感慨深げな声も多く出ている。さらに、

“JK=ピッチ(PHS)みたいな図式が勝手に脳内にあったけど、今は昔。なくなるんですね。。。”
“若い人はピッチを知らんだろうが、病院内で先生が使ってるのがPHS。ケータイよりも激安だったんだよ。”

と懐かしむ声もあった。

1990年代、女子高生のコミュニケーションツールとして“ピッチ”の愛称で親しまれ、マストアイテムだったPHS。その後、携帯電話にその座を明け渡したが、3キャリアに通話定額制がなくLINE普及以前の2008年前後には、若年カップルの間でウィルコム通話定額プランがトレンドになり、「2台持ち」ユーザーが生まれた時期でもあったが、その役割も今や携帯電話に置き換わってしまった。

PHSの終了は多くのユーザーに時代の流れと懐かしさを感じさせる出来事となったようだ。
(山中一生)

■関連リンク
PHS契約数 一般社団法人電気通信事業者協会
http://www.tca.or.jp/database/index_archive.html
電気通信サービスの契約数 総務省
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban04_02000131.html
個人向けPHSついに終了 2020年7月まで
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/20/phs-is-dead_a_23415878/

PHS サービス終了 スマホ ソフトバンク 携帯電話