クロ現「母親の愛は無償?」 道徳教育密着で議論

Twitterでは男の子に同情する意見が多く見受けられた ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『クローズアップ現代+』公式サイトより)


4月23日放送のNHK『クローズアップ現代+』で、今月から小学校で正式に教科化された道徳の授業の様子が放送された。道徳教育の難しさが露呈し、ネットでは物議を醸している。

道徳の授業は、「家族愛」「善悪の判断」など「人間としてよりよく生きる上で必要な道徳的価値」が22項目設けられている。この日の放送では、東京・杉並区の久我山小学校4年生の授業で、道徳の教科書(東京書籍)にある「お母さんのせいきゅう書」をもとに「家族愛」をテーマにした授業が取り上げられた。その内容はこうだ。

子どもが母親に「お使い代」などお手伝いの対価として500円を請求。母親はその額とともに請求書を手渡した。書かれていたのは「看病代0円」「おもちゃ代0円」という名目で、それを見た子どもは涙ながらに自分の行動を詫びお金を返すという筋書き。「母親の無償の愛」を通して「家族愛」を教えるという狙いのようだ。

教師は「母親はどんな気持ちで請求書を渡したのか?」について、生徒に意見を求めると「家族にはお金を求めないのは当然」という意見がほとんどだったが、1人だけ「母親は家事に対してお金をもらいたいのでは?」と異を唱える男の子がいた。クラスメイトの反応は冷ややかだったため、男の子は泣いてしまった。

男の子のメモには、「わたしは0円なのよ。お母さんの気持ちになってみなさい。せっかく家事とかをしているのに。子どもっていいな。なんかえらいことするとお金をもらえるから」(原文ママ)と書かれていた。実は男の子の家庭は共働きで、仕事をしながら自分のために家事をこなす母親を想っての発言だったのだ。

Twitterでは、

“教える側と教わる側で成立する学校という世界で、どうしたってどの価値が正解なのかってなってしまう。そこに多様性の追求はない。難しいよ、道徳の授業。”
“価値観とは各々が育ってきた環境に大きく起因する。それぞれの家庭で育った子どもたちに、単なる一人の人間に過ぎない教師が「価値観を教える」という捉え方は違和感を覚える。”

など、「価値観」を焦点に批判的な声が相次いでいる。

番組ゲストの教育評論家・尾木直樹氏は、担任が男の子の頭をなでたり、話を聞いてあげたりするなどといったアフターケアを評価した後、「今、多様な家庭がある中で、お母さんが働いてるところもある。彼は優しいからこそ、お金をちゃんとペイしていいんじゃないかなという考えになった、全然おかしくはないと僕は思います」と多様な価値観を認めるコメント。

2017年3月に学校教育法施行規則が改正され、これまでの「道徳の時間」が「特別の教科」となった。文部科学省によると、特定の価値観の押し付けを否定したうえで、「多様な価値観の、時に対立がある場合を含めて、誠実にそれらの価値に向き合い、道徳としての問題を考え続ける姿勢こそ道徳教育」とし、「考える道徳」「議論する道徳」に転換を図ったという。

多様な価値観を認める他者理解を前提としているが、今回番組で紹介されたように少数派の意見が冷遇されてしまうケースがあることは否めず、建前だけでは通用しない難しさが浮き彫りとなった道徳教育。番組では「子どもたちが考え・議論できる授業をどう進めていくのか」先生も悩んでいるとされていたが、まだまだ試行錯誤が続きそうだ。
(山中一生)

■関連リンク
2018年4月23日(月) “道徳”が正式な教科に 密着・先生は? 子どもは?‐クローズアップ現代+
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4120/

小学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編
https://doutoku.mext.go.jp/pdf/elementary_school_02.pdf

NHK 価値観 小学校 授業 道徳