日本人は世界一「通路側」が好き 「窓側派」「通路側派」それぞれの言い分は?

ちなみに、「真ん中派」はわずか1%だった ※画像はイメージです


総合旅行サイトを運営するエクスペディア・ジャパンは、フライトに関する意識の国際比較調査を実施。それによると日本人は飛行機の座席で「通路側」を選択する割合が世界最多という結果が出ており、ネットで反響を呼んでいる。

調査は1年以内に飛行機に乗り、ホテルに宿泊した世界23カ国の男女1万8229名を対象に実施。機内の座席は「窓側」「真ん中」「通路側」で、個人の好みが分かれるところだが、「通路側派」は日本が53%でトップを獲得、次いでシンガポール47%、アメリカ40%、香港39%、韓国38%の順で多かった。

年代別では、18~34歳の年齢層で「窓側派(58%)」が多く、35~49歳では、「窓側派」「通路側派」がどちらも49%だった。50歳以上は約6割の人が「通路側」を選択。世代によって差が表れる結果となった。

さらに、機内の窓側や真ん中の席の場合、どのように通路に出るか聞いたところ、「寝ている人を起こして動いてもらう」と回答した日本人の割合は24%で世界最下位。日本人で多いのは、「寝ている人に背中を向けて乗り越える(38%)」という回答だった。同社は「日本人は通路に出る際、誰にも迷惑をかけずに出られることを考えて、『通路側』を好んでいるのかもしれません」と分析している。

この調査結果に、Twitterでは、

“トイレに行きたいとき(というか座り疲れたとき)にすぐに立てるのが大きい。”
“酒をたくさん飲むし、通路側、それも真ん中の島の通路側が最強。寝ると決めたときでも基本そこ。”

と通路側を選択する理由を語るユーザーが散見された。さらに、

“窓側の方が好きだわ。。だって空からの景色を楽しめるじゃーん‼️”
“へー。自分は基本、窓側の席を選ぶ。で、寝てるとやっぱ起こしづらいので、通路側の人がトイレに立ったときに自分も一緒に行くようにしてる(笑)。”

と「窓側派」の声も寄せられている。また、

“2時間程度のフライトなら窓側。それ以上の時は通路側にしてる。”
“私はフライト時間によるなぁ。EU内移動は近いから窓側、EUから日本へは通路側”

と、機内で過ごす時間によって「通路側」と「窓側」を使い分けるとの声も少なくないようだ。

相手を気遣う奥ゆかしさとも、単に気にしすぎともとれる日本人の「通路側」愛。良くも悪くも“日本人らしさ”が如実に表れた調査結果と言えそうだ。
(山中一生)

■関連リンク
日本人は世界一「通路側」の席が好き!理由は「寝ている人を起こす」ことが世界一苦手だから!?
https://welove.expedia.co.jp/press/34960/

エクスペディア フライト 座席 日本人 飛行機