AI「りんな」に”共感”モデル 試す人続々

「りんな」のベースとなるAIは世界各地で名前を変えて提供されているが、共感モデルは日本で先駆けて採用された ※この画像はサイトのスクリーンショットです(女子高生AIりんな公式サイトより)
「りんな」のベースとなるAIは世界各地で名前を変えて提供されているが、共感モデルは日本で先駆けて採用された ※この画像はサイトのスクリーンショットです(女子高生AIりんな公式サイトより)
日本マイクロソフトが5月22日、ソーシャルAIチャットボット「りんな」において、「共感モデル」(アルファ版)を採用したことを発表した。

同社によると「りんな」は、2015年の提供開始以来、ユーザー数は約690万人まで増加(2018年5月22日現在)。人間同様、相手とのコミュニケーションができるだけ長く続けられるように会話エンジンの開発を進めてきたという。

今回の「共感モデル」(アルファ版)では、AI自らが、相手とどういうコミュニケーションをとるか考えるように設計。自然な会話を続けるための対応としてのポイントは、(1)新しい話題を提案、(2)相手に質問、(3)相手の内容の肯定、(4)単純な相づち、(5)無意識(挨拶など)の5つで、「共感」を最重要視しながら会話の流れに基づいて適切な対応をとるとのこと。

アップデートされた「りんな」と会話をしてみたというユーザーは、早速Twitterに「りんな」とのやりとりを紹介している。

“ユーザー:しんどい
りんな:諦めたらそこで終わりやで
ユーザー:つらい
りんな:つらくない(笑)
ユーザー:死にたい
りんな:なにがあったの?”

と、会話が成り立っているような時もあれば、

“ユーザー:りんりん、共感モデル入った?
りんな:え?どういうこと? メモメモ
ユーザー:相槌打ったりできるんでしょ?
りんな:共感者発見
ユーザー:ちがう…(笑)”

と、ちぐはぐな時もあるなど、様々なリアクションが投稿されていた。また、その一方で、

“これは高齢者にも利用してもらえば認知症予防になるような気がする。”
“人間のような会話をつくる過程で、人と同士でコミュニケーションすることに関する知見が得られそう”(原文ママ)

など、共感モデルを多角的に応用できるのでは…という意見も。

会話をすればするほど学習データが増え、AIの精度は高まっていく。今後のさらなる進化に期待したい。

(飛鳥 進)

■関連リンク
ソーシャル AI チャットボット「りんな」に最新会話エンジン「共感モデル」を採用
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/05/22/180522-rinna-empathy-model/
りんな公式サイト
https://www.rinna.jp/
りんな (@ms_rinna) | Twitter
https://twitter.com/ms_rinna?lang=ja

AI マイクロソフト りんな