フジロックがYouTubeで生配信 「参加意欲につながる」と宣伝効果も期待?

一部ステージのライブが生配信されることとなったフジロックのYouTube公式チャンネル ※この画像はサイトのスクリーンショットです(YouTubeより)
一部ステージのライブが生配信されることとなったフジロックのYouTube公式チャンネル ※この画像はサイトのスクリーンショットです(YouTubeより)
7月27日から29日に新潟県湯沢町苗場スキー場で開催される「FUJI ROCK FESTIVAL’18」がYouTubeで生配信することが決定した。

今年で22回目を迎えるフジロック。今回は、GREEN STAGE、WHITE STAGE、RED MARQUEE、FIELD OF HEAVENの4つのステージでのライブパフォーマンスの一部が、フジロックのYouTube公式チャンネルにて無料で生配信される。さらに、出演アーティストの意気込み動画やインタビュー動画も公開予定だという。

フジロックとしては初の試みとなる本格的な生配信。Twitterでは、

“いつかは生で観てみたいんだけど、何かフェスってハードル高そうで未経験なチキンなので、現地行けなくても雰囲気味わえるのはありがたいなー。”
“今年のフジロックは Youtube で配信されるらしいので部屋にテント張って待機しとくわ”
“今年のFUJI ROCKはYouTubeで生配信する模様!! 家でチルインしながら鑑賞できるのは鬼アツ…現地の感動と高鳴りを味わえるのはいいですね”

と、歓迎する声も多い。また、生配信をすることで来場客が減ってしまう可能性も考えられるわけだが、

“配信でいいや…っていう人は、配信がなくても行かないと思う。”
“減らないよね「タダで見られるならフェスには行かなくていいな」って言う人は元々行かないんだから。見たら行きたくなる人のほうが多いよ、絶対。”
“フェス参加経験はあるけど、伝え聞くその険しさ故に未参加な層してみると、様子がわかって参加意欲に繋がるかもしれない。俺調べ。”
“ライブ会場の一体感を目の当たりにしたら悔しいよね。そしてそのコミュニティに入りたいという欲が出てくる=行きたいとなる。”

などと、来場客が減るどころか、YouTubeでの生配信を見ることで、今後のフジロック参戦意欲が駆り立てられるのではないかと予想するネットユーザーも多かった。

通常のコンサートとは違い、会場が遠かったり、野外用の装備が必要だったりと、少々ハードルが高いフジロック。行きたくても行けずにいた潜在的な音楽ファンを取り込むという意味でも、YouTubeでの生配信で雰囲気を知る機会を提供することは、重要なプロモーションとなりそうだ。
(大塚ナギサ)

■関連リンク
・FUJI ROCK FESTIVAL ’18|フジロックフェスティバル ’18
http://www.fujirockfestival.com/
・Fuji Rock Festival – YouTube
https://www.youtube.com/fujirockfestival
・「フジロック YouTube」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF+YouTube

FUJI ROCK FUJI ROCK FESTIVAL'18 YouTube