手持ちのオーディオをワイヤレス化

『BluetoothオーディオレシーバーBOX LBT-AVWAR500』(エレコム/価格:オープン)
ケースとスピーカー部を含めた外寸:60×16.5×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量:約32g、伝送距離:最大半径10m(障害物なしの場合)、電源:USB ACアダプタ

スマホ内の音楽を聴くとき、外ではイヤフォンを使うのが当然ですが、自宅ではやはり、スピーカーを使用してゆったりと聞きたいもの。そんなとき、ケーブルの抜き差しが無用なBluetooth機能搭載のスピーカーがあると便利なものの、すでにオーディオ環境を整えてしまっているため、わざわざBluetoothスピーカーを買い足すのももったいないし邪魔、と思っている人も多いでしょう。すでにお気に入りの音が出せているならなおのことですよね。

そこでオススメしたいのが、この『BluetoothオーディオレシーバーBOX』。Bluetooth環境にない自宅のオーディオに、スマホ内の曲を飛ばして、ワイヤレス再生するためのアイテムです。オーディオ機器に付属のステレオミニ端子でつないでおけば、あとは曲を再生するときに、スマホとBluetoothペアリングするだけ。また、ステレオミニケーブルのほかステレオミニ-RCA変換ケーブルも付いているので、多彩なAV機器との接続も可能です。

ちなみに、かざすだけで簡単にデータ通信が可能になるNFC対応のスマホであれば、Bluetoothペアリングの設定作業すらも必要ありません。

なお、AACコーデックに対応しているため、iPhoneやiPadなどのiOS機器との相性がよく、より高音質のサウンドを再生することが可能となっています。

ボディは鏡面仕上げの美しいデザインで、オーディオ機器とのマッチングも好印象。さらにコンパクトなサイズで、設置場所を選ばず使用することができます。

お気に入りのオーディオを、手軽に“Bluetooth化”してくれる、この便利なアイテム。手持ちのオーディオはBluetooth対応していないのが玉にキズ、と感じている人にオススメですね。

(新居賢吾/effect)

『BluetoothオーディオレシーバーBOX LBT-AVWAR500』(エレコム/価格:オープン)

Bluetoothオーディオレシーバー LBT-AVWAR500 オーディオをBluetooth化