テントのなかでも快適動画鑑賞

サイズは30.5×21.5cm。iPad 4のような9.7インチサイズまで対応

登山やキャンプではかなり早い時間にテントに潜り込むことがあり、寝付くまでの長い夜を持てあましてしまうことがあります。または雨に降られ、外に出られずテントでひたすら待機、なんてことも…。

こういった手持ちぶさたなひとときに役立つのがスマホやタブレット端末。その日に撮った写真や、GPSアプリで記録した移動ルートを振り返るもよし、音楽や動画を楽しむのもよしです。

しかし布団の中でスマホやタブレットを楽しんだことのある方なら誰しも身に覚えがあることですが、仰向けだと決して軽くはない端末をずっと持ち上げているので腕が疲れますし、うつぶせだとエビ反りの体勢が首や背中、腰にこたえます。

そんなシーンで便利なのが『エンターテイメントセンターロフト』。これは9.7インチまでタブレットが入るクリアケースなのですが、テント内の「ギアロフトループ」(照明などを吊るすための輪っか)に取り付けることで、端末をテント内の見やすい位置に吊り下げられるのです。

つまり、寝袋に入って仰向けに寝っ転がっていれば、目の前にタブレットの画面が広がるという、自宅でも得られなかった夢の鑑賞環境が手に入るというわけ。さらに外部スピーカーなど小物を入れておくメッシュポケットまで付いています。

クリアケースは防水仕様なので野外での活動時も安心してタブレットが操作できましょう。さらにハンドル付きなので持ち運びも簡単です。

なお、「ギアロフトループ」が付いていないテントも一部あるため、こちらの商品を購入する前には、手持ちのテントやこれから購入するテントの天井にこれが付いているのかチェックしましょう。

(熊山 准)

『エンターテイメントセンターロフト』(ケンコー社/価格:5400円)

エンターテイメントセンターロフト 仰向けで動画視聴 防水ケース