スマホで月のクレーターを撮影

幅93×厚さ23mm以内のスマートフォンを取り付けることができる。ルーペに接続すれば、超マクロな写真撮影も可能

天体観測やバードウォッチングを楽しんでいる人は、天体望遠鏡や双眼鏡を使っていることでしょう。これから楽しもうという人も、高性能な製品でなければ、比較的手頃な値段で手に入れることができます。しかし、見るだけではなく、その瞬間を写真に収めようとすると話は別。同じような高倍率の望遠レンズとカメラを揃えるとなると、値段が高価でおいそれと購入できません。

スマートフォンで手軽に撮れないものかと、双眼鏡の接眼部に近づけて撮影しても、当然うまくはいかないもの。

そんなときに使いたいのが、スマートフォンに双眼鏡や天体望遠鏡などの光学機器を取り付けられるアタッチメント『SNAPZOOM』です。現在発売されているスマートフォンのほとんどに対応しており、レンズ直径が30~55mmの光学機器であれば、簡単に取り付けることが可能です。

光学機器を取り付けるだけなので、使い慣れたスマホで任意のカメラアプリを使えて、フィルター効果や連写などの写真撮影の機能は全く損なわれないのがポイント。もちろん、動画撮影でも活躍します。ちなみに、本体はかさばるサイズではないのですが、高倍率で撮影をする場合、ちょっとした手振れでも写真のブレにつながるので、一脚や三脚を用意するのがオススメです。

元々この商品は、ハワイ在住の二人のサーファーが、スマートフォンで地元のサーファーと波の映像を撮りたく試行錯誤して考案したもの。現地では、サーフィンはもちろんのこと、天体観測やバードウォッチング、ハンティングなどにも使われているのだとか。

これがあれば、これまでスマートフォンでは撮影が難しかった月のクレーターなども写真に残すことができます。警戒心が強い野生動物などの撮影や撮影が許可されているスポーツ大会、各種イベントでも活躍してくれそうです。個人的には、飛行機をアップで撮影してみたいかも。

撮ったらすぐSNSなどに投稿できるのも、スマホでの望遠撮影の強み。仲間内に注目される一枚を目指してみてはいかがですか。

(コージー林田)

『SNAPZOOM』(エフ・ティー・アセット/価格:1万2960円)

 

SNAPZOOM スナップズーム スマホで望遠撮影