SIMの差し替えが不要になるケース

サイズは幅70×高さ140×奥行10mm。重量29g。利用にあたっては、ホームページの注意事項を参照ください

昨今のデータ通信量の上限は平均的なプランでおおよそ7GB。しかし、自宅にネット回線を引いていなかったり、旅行や出張が多い月だったりすると、あっさり超えてしまうこともあります。

追加でデータ通信量を買えば、その場はしのげるものの、決して安くはない金額。そのため、メインで使っているケータイ会社のプランにくわえ、月額1000円前後で使える格安SIMも持っておくのが、昨今スマホヘビーユーザーの間で常識となりつつあります。

そんな時に使えるのがサンコーレアモノショップの『iPhone6用 2 SIMアダプタケース』。これはなんと、2枚のSIMカードを抜き挿しすることなく1台のiPhone6で運用できるという便利なスマホケースなのです。

準備作業は、まず付属のケーブルの両端にあるSIM端子にそれぞれ使いたいSIMカードを挿します。そして片方をトレイに載せてiPhone6の中に装填し、もう片方を背面にまわし込んでカバーで覆うだけ。ちなみにiPhone本体に挿し込む側の端子はnano SIMカードのみに対応。もう片方は通常のSIMカード用サイズとなっているのですが、アダプタを利用することでmicroSIMカードやnano SIMカードを利用することもできます。

SIMカードの切り替えは、専用のSIMアプリにて。iPhoneの「設定」から「電話」「SIM App」と遷移すると「Switch Number」というアプリがあるので、そこで2枚のSIMどちらを使うかを選択します(同時利用は不可)。

これさえあれば「大手ケータイキャリアの話し放題SIMと、それ以外の格安でデータ通信の行えるSIMを使い分けて節約しながら存分に使う」ことをはじめ、iPhone6がSIMフリー版なら「国内キャリアのSIMを使い分けてエリアを満遍なくカバーする」「国内SIMと海外現地SIMを使い分けてスマートに海外出張をこなす」といった芸当も可能でしょう。

スマホヘビーユーザーはぜひともチェックしたい一品です。

(熊山 准)

 

『iPhone6用 2 SIMアダプタケース』(サンコー/価格:4980円)

SIMアダプタケース SIMカード2枚刺し 格安SIM