頭部につけても疲れない軽量カメラ

カラーはオレンジとブラックの2色。画角は最大約150°。通常撮影モードはフルハイビジョンで、「1920×1080/30p・平均15Mbps」まで対応している。Webカメラや同社の一部ビデオカメラのサブカメラとしても利用可能

各メーカーから発売されて、一般にも普及が進んでいるウェアラブルカメラ。動画投稿サイトなどを閲覧すると、そのコンパクトさを活かして撮影された映像を数多く観ることができます。

なかでも、再生回数が多く評価されやすいのが、頭部に装着して撮影者の目線で撮影された映像。迫力あるエクストリーム系のスポーツ動画はもちろんのこと、手元を映して工程や手順などを説明する動画などにも活用されています。

そんな頭部への装着において重要なのが、ウェアラブルカメラ本体のサイズと重さ。パナソニックから発売された『HX-A1H』は、その点において他社の製品を寄せつけません。

サイズは直径26.0×長さ83.1mm。重さはゴルフボールと同等の約45g。本体を左右どちらにも装着できる付属のヘッドマウントを使っても、重さで動きが制限されたり、疲れたりするようなことはありません。自分がつけて楽しむのはもちろんですが、軽量コンパクトなので、子どもにつけてユニークな動画を撮影するなんて使い方もいいのではないでしょうか。

これだけのコンパクトさながら、防水ケース等に入れなくても水深1.5m・30分までの撮影が可能な防水性能、1.5mの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度までの耐寒性などのタフ設計も魅力。これからの季節はマリンスポーツで、冬になればスキーやスノボでも、迫力の映像が撮影できるでしょう。

交換可能なガラスカバー部に付属のナイトモード用カバーを取り付け、市販品の赤外線ライトを使えば、0ルクスの真っ暗闇でも撮影できる機能を搭載。夏に機会が増えるキャンプや夜釣りなどで重宝しそうです。また、スローモーション動画モードを搭載しているので、花火などを撮影すると面白い動画が撮れるかもしれません。

Wi-Fiでスマートフォンと接続して、専用の無料アプリを使えば、録画のON/OFFやホワイトバランスの修正、画角の変更、撮影中の画面の確認、録画した動画の確認なども可能です。

サイズがコンパクトなので必然的に内蔵バッテリーも小さいはずですが、連続撮影時間は約75分となかなかのもの。別売りのスティック状拡張バッテリーを装着すれば、さらに90分延長することもできるので、長時間の撮影にも対応しています。

動画撮影のアイテムとして定着してきたウェアラブルカメラ。今年の夏に挑戦してみようという人は、候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

(コージー林田)

 

『HX-A1H』(パナソニック/実勢価格:2万8270円)

HX-A1H ウェアラブルカメラ 動画投稿