アニメに登場するレシピを再現!

「マンモスの肉」はローストビーフをアレンジ。肉に思いっきりかぶりつくのが醍醐味だ

マンガやアニメを観ていて、なんともおいしそうな「料理」に反応し、グゥとお腹を鳴らしたことのある人、結構いるのでは? 食べたいと思ってもどう作ればいいのかわからない“アニメシ”。それを簡単に家庭で再現する方法があるとしたら――。

一昨年に『空想お料理読本』が話題になったが、よりレシピに特化したアプリが最近リリースされた。その名も「アニメごはんレシピ(ビストロ・アニメシ)」。このアプリ、無料・有料のものを合わせて二十数点(2013年1月現在、順次追加)のレシピを収録しており、『となりのトトロ』の「サツキちゃんの手作り弁当」や、『崖の上のポニョ』の「ポニョのハム入りラーメン」など、どれもがアニメファンにはおなじみのものばかりだ。

「きっと皆さんがそれぞれに思い描いている見た目や味があると思うので、どんな材料を使えばよりそのイメージに近づけるのかと試行錯誤して、少しでも楽しんでもらえるように工夫しました」

と語ってくれたのはレシピ制作者のクラーク・プロジェクト代表・土谷未希さん。少しでも作品の背景と関連付けるように心がけたといい、例えば『はじめ人間ギャートルズ』に登場する「マンモスの肉」では、ただ骨にローストビーフを巻き付けるだけでなく、タコ糸で縛ることで、マンガ独特の肉のフォルムを再現したり、『魔女の宅急便』に登場する「オソノさんのミルク粥」では、オソノさんがパン屋なのでパン粥にしたり…と、ファンならば思わず「おおっ」と唸ってしまいそうな、心憎い工夫が随所にちりばめられている。

ちなみに、自炊の苦手な男子でも簡単に、そして楽しく作れるオススメのレシピをうかがったところ、「『ハウルの動く城』に登場するマルクルのベーコンエッグですね」と土谷さん。

「豚バラ肉から燻製してベーコンを作る!というとハードルが高く感じるかもしれませんが、燻製はとても簡単。温度調節もざっくりでいいですし、燻製器は段ボールでも作れます。なので、アウトドアを楽しむ感覚でぜひ!」

ブログでも続々と“アニメシ”料理の製作過程がUPされている。気になった方はまずチェックしてみてはいかが?

(花田祐輔/HEW)

「アニメごはんレシピ(ビストロ・アニメシ)」(iPhone)

「アニメごはんレシピ(ビストロ・アニメシ)」(Android)

アニメごはんレシ アニメシ オソノさんのミルク粥 はじめ人間ギャートルズ マンモスの肉 魔女の宅急便