海外旅行時はWi-Fiルーターレンタルが◎

テレコムスクエアが提供するWi-Fiルーター『Wi-Ho!(ワイホー)』

地図やメールに調べ物…いまや海外旅行や海外出張にもスマホは必需品。とはいえ、海外でのネット接続には料金の不安がつきまといます。国内の各キャリアともに海外パケット定額サービスを提供しており、以前ほど“使いすぎ”の不安はなくなってきましたが、やはり海外での通信は日本に比べて高額になりそう…。

そんななか注目を集め始めているのが、海外で利用可能なモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス。気軽に海外滞在の日数だけ借りられるうえ、これ1台借りておけばスマホだけじゃなくPCやタブレットもつなげます。では、気になるレンタル料金はいくらくらいなのでしょう?

「海外Wi-Fiルーターレンタルは、携帯電話のキャリアが提供している海外パケット定額サービスよりも安く通信できることがほとんどです。渡航先によって料金は変わってきますが、例えば中国や韓国などではだいたい1日700円以下。ヨーロッパでも1日1000円程度でWi-Fiルーターがレンタルできます」

そう教えてくれたのは、海外携帯のレンタル比較サイト『海外レンタル携帯.net』を運営するエレメントの近藤勉さん。各キャリアの海外パケット定額料金の上限は概ね1日2980円。日帰りや1泊2日程度ではそんなに差はつかないかもしれませんが、何日間も過ごすならだいぶお得といえそうです。でも、どうやって借りればいいのでしょうか?

「現在このサービスを提供している会社は国内にたくさんありますが、『Wi-Ho!(ワイホー)』『グローバルWiFi』『グローバルデータ』が大手3ブランドです。使える国や地域も多く、特に『グローバルWiFi』は世界200カ国以上に対応しています。いずれも、webから簡単に申し込みができ、ルーターの受け取りも宅配でOK。成田空港や羽田空港、関西国際空港や中部国際空港に拠点があるので、空港での受け取りや返却も可能ですし、当日に手配することもできますよ」

ただ、レンタル日額のほかに、受け渡しや宅配などに各種手数料がかかる場合や、紛失や盗難などの補償制度に任意で申し込んだ場合は追加料金が必要となることも。また、“レンタル料金”なので通信の有無にかかわらず、借りた日数に応じて料金が発生するので、海外滞在中、毎日ネットに接続するわけではない、なんて人は各キャリアが提供する海外パケット定額サービスを利用した方が安いこともありそうです。

とはいえスマホユーザーなら一考の価値ありなこのサービス。ぜひ、次の海外旅行の際には参考にしてみてください。

(大木信景/HEW)

Wi-Fiレンタル徹底比較

Wi-Fiルーター Wi-Ho! グローバルWiFi グローバルデータ レンタル 中部国際空港 成田空港 海外出張 海外旅行 羽田空港 関西国際空港