SNS依存症の一因、FOMO(フォモ)とは?

SNS上では、イベントが実際より楽しそうに見えることも。他人の投稿を見るときはそのことを頭に置き、必要以上にふりまわされないよう気を付けたい

近年、問題化しつつある「ネット依存」や「SNS依存」。これらを引き起こす大きな要因として「FOMO」に注目が集まりつつある。

FOMOとは「fear of missing out」の略。楽しいことや重要なことを見逃したり、自分が取り残されたりするのではないかという恐怖心を指す。日本ではあまりなじみがないが、アメリカの新聞やニュース番組では頻繁に取り上げられているという。

では、具体的にFOMOの症状例はどんなものなのか。

「朝起きて最初にFacebook・Twitterを見てしまう」

「常にスマートフォンが手放せない」

「別の電話に出るために通話中の相手を保留にする」

「恋人と遊びに出かけているにもかかわらず、SNSをチェックしている」

「SNSを見ていたら、休日が終わっていた」

「自分抜きで友人たちが楽しんでいる投稿を見て、眠れなくなる」

などなど。

極端なFOMOの例には「Facebookで見つけた友人のパーティに、呼ばれていないけれど参加する」なんてこともあるのだとか…程度の差こそあれ、上で挙げた症状は多くの人が経験あるはず。

実際、アメリカのMyLife社が今年、18歳以上の男女2084名に対して行った調査では、56%の人が「FOMOである」という結果が出た。

世界中の人と、24時間つながりを持つことを可能にしたSNS。便利ではあるが、時間を浪費させる両刃の剣でもある。1日のうちで利用する時間を決めるなど、SNSと適度な距離を保つことで、FOMOに陥るのを予防したいものだ。

(石井瑞穂/アバンギャルド)

Facebook FOMO SNS依存症 Twitter 統計データ