スマホデータ最新バックアップ事情

Android用バックアップアプリのひとつ「JSバックアップ」。スマートフォンの連絡先や、SMSなどのデータを簡単操作でSDカードやクラウドにバックアップできる

今やスマートフォンが日常生活に欠かせないという人も多いかと思うが、そんな人たちが最も恐れるのは“データが消えてしまうこと”ではないだろうか。友人や家族の連絡先だけでなく、いろいろな場所で撮った写真や、様々な人とやり取りしたメールなど、多くの情報が、ある日「スマホをなくした」「壊れた」などの理由で、一瞬のうちに消えてしまったら…想像しただけで恐ろしいと感じる人も多いのでは?

データをバックアップする方法は、いくつかある。ひとつは、外部ストレージを使用する方法。Androidスマートフォンであれば、本体にSDカードを装着し、そこにバックアップをとる方法が手軽だ。連絡先やメールなど様々なデータをSDカードにバックアップできるアプリがいくつか提供されているので、そうしたアプリを活用するといいだろう。ちなみにSDカードを装着できないiPhoneの場合、パソコンと接続してiTunesを使ってパソコン上にバックアップする手段もある。

次は、クラウド上にバックアップをとる方法だ。Androidの場合、普段からGmailなどGoogleのサービスを使用していれば、クラウド上にデータが保存されるためバックアップの必要はないし、設定の「データのバックアップ」にチェックを入れておけば、アプリのデータなど細かな設定情報もバックアップしてくれる。またiPhoneであれば、iCloudを使用することで情報がクラウド上に保存されるため、面倒なバックアップは不要になる。もちろん、Dropboxなどのクラウドストレージサービスに、バックアップをとるという手段もあるだろう。

多くの人の場合、これらの手段で十分バックアップができると思う。だが、これらの方法では「容量が足りない」というケースもありえる。そうした人たちにお勧めしたいのが、ハードディスクを使ったバックアップ方法だ。

最近は「NAS」と呼ばれる、自宅のネットワークに接続し、共有のストレージとして活用できる外付けタイプのハードディスクがいくつか販売されている。こうしたハードディスクを自宅に設置した後、スマートフォンに専用のアプリをインストールすると、外出先からも自宅のハードディスクにデータを保存できるようになるのだ。NASは1~2万円程度で1テラバイトと、ほかのデータバックアップ方法とは桁違いの容量を誇るものが多く、大容量のデータを頻繁に扱っている人でも安心。一度検討してみてはいかがだろう。

(佐野正弘)

バッファロー製のNASは、専用のアプリを用いることで、スマートフォンからデータを直接やり取りできるようになる
NAS サービス バックアップ