“スマホのデータ容量”どの位使ってる?

話題のクラウドストレージ「Bitcasa」。5GBまでは無料で利用できる(友達招待などで最大20GB)
※この画像はスクリーンショットです

iPhone、Androidスマホをはじめ、様々なデバイスからアクセスできるクラウドストレージ「Bitcasa」。昨秋、日本語版のサービスを開始した当初は、年額99ドルで容量無制限に利用できるとあって話題を集めた(その後、年額999ドルに料金改定)。

Bitcasaに限らず、最近ではスマホアプリにも対応したストレージサービスが充実してきている。容量を気にせず、写真や動画、音声ファイルなどのファイルを保管できるのは確かに便利だ。では、実際のところ、巷のスマホユーザーは、どれくらいの容量を必要としているのだろうか?そこで、全国20~39歳のスマホユーザー225人を対象に、アンケートを実施してみた。

「お持ちのスマートフォンでは現在、どのくらいの容量を使っていますか?」
1位「10~20GB」 20.9%
2位「4~9GB」   20.0%
3位「2~3GB」  13.8%
3位「21~31GB」 13.8%
5位「30~63GB」  8.9%

なお、保存データの中身は「写真」(64.4%)、「音楽」(32.0%)、「動画」(31.6%)が多かった。やや意外だったのは「9GB以下」が4割近くを占めたこと。これならスマホ本体のデータ容量で十分まかなえる範囲だ。実際、「現在のあなたのスマートフォンのデータ容量は、十分足りていると思いますか?」という問いには67.1%が「足りている」と回答するなど、多くのスマホユーザーは、現状の容量に満足している模様。

一方で、容量を抑えるために様々な工夫をしている人も多い。具体的には「こまめに写真・メールなどのデータ削除」(53.3%)、「定期的にいらないアプリの消去」「クラウド利用」(ともに33.3%)、「こまめにキャッシュ消去」(27.6%)、「ホーム画面にウィジェットやライブ壁紙を設置しない」(14.7%)などが挙げられる。

5~10GB程度までなら無料で利用できるストレージアプリも多い。データの整理が追い付かず動作が鈍くなってきたら、こうした無料アプリを活用してみるといいかもしれない。
(榎並紀行/やじろべえ)

Bitcasa キャッシュ ストレージ データ容量