“遠隔操作”のメリット・デメリットとは?

NTTドコモがスタートした「Mobizen」の紹介サイトより。うまく活用すれば、近頃人気のオンラインストレージサービスより便利かも?
※この画像はサイトのスクリーンショットです

2014年3月末、NTTドコモが、パソコンとAndroidスマホの相互でデータのやりとりができるサービス「スマートデータリンクMobizen」のトライアル版提供をスタートした。

これは、Androidスマホに専用アプリをインストールしてIDとパスワードを設定すると、パソコンのブラウザから専用サイトを経由して、スマホとパソコン相互で写真、音楽、動画ファイルの転送や、スマホの着信の確認などが可能になるというもの。

自宅にスマホを置き忘れても、会社のパソコンなどからスマホをコントロールできる便利なサービスだ。しかし、いわゆる“遠隔操作”がらみの事件報道を目にすることも多い昨今、セキュリティ面での問題が気になるところ…。こうしたサービスを使うメリットのほか、利用時の注意も知っておきたい。パソコンやスマホのセキュリティ事情に詳しい、ITジャーナリストの三上洋さんにうかがった。

『Mobizen』はNTTドコモが公式に行うサービスですし、セキュリティの面で心配する必要はないでしょう。そもそも、遠隔操作と呼ばれるようなリモートデスクトップ技術は、以前から当たり前にあるサービスです。たとえば『Team Viewer』というソフトは、iPhone、Android、Windows、Macと、OSに縛られず利用できるもので、世界中にユーザーがいます。オンラインストレージサービスと異なり、共有フォルダの外にあるデータや、パソコンにつないでいる外付けHDDのデータを読み取ることもできるので、使い勝手はいいはずです」(三上さん)

では、セキュリティ面ではどんなことに気をつけるべきなのだろう。

「IDやパスワードで管理されているとはいえ、長時間、リモートデスクトップ共有をできる状態にしておくことはオススメしません。また、当たり前ですが、パスワードを使い回したり、生年月日や電話番号など、類推されやすいパスワード設定にしないことも肝心です」(同)

スマホを机の上などに置いたまま、席を立つことも危険だと三上さん。

「先日、元交際相手の女性のスマホに、悪質な遠隔操作アプリを勝手にダウンロードして、通話履歴や位置情報などを確認していた男が逮捕されました。5~10分もあれば、他人のスマホにそうしたアプリをダウンロードできるわけですから、スマホは肌身離さず持ち歩くこと。たとえ、家族や恋人の前であってもです」(同)

セキュリティアプリをスマホに入れておくことも効果的だという。

Androidの場合は、インターネットセキュリティ大手がリリースしているセキュリティアプリを入れておいた方がよいでしょう。不審なアプリがインストールされた場合は、あやしい動きをシャットアウトする機能があるからです」(同)

スマホには友人や知人の重要な個人情報が入っていることを忘れずに、しっかりと管理することが大切だと三上さん。今回の話を肝に銘じて、便利なスマホライフを送りたい。

(成田敏史/verb)

【スマホの”セキュリティ”について知りたいなら、この人!】

■三上 洋(みかみ よう)
ITジャーナリスト、ライター。セキュリティ、スマートフォン、Ustreamなどのネット動画、携帯料金・クレジットカードポイントなど、専門分野は多岐に渡る。毎週月曜夜9時から配信されるライブメディア情報番組「UstToday」の制作・配信も行う。
識者サイト:http://www.sv15.com/

セキュリティ デメリット メリット 遠隔操作