未来のスマホ操作は“目”でやるように!?

スマホを見るとロックを解除。将来的には、その動きでスマホを操作できる時代が来るかも?

スマホの操作に“目”を利用しようという取り組みが、徐々に実用化され始めている。富士通は3月2日にスペインで開催された「Mobile World Congress 2015」で、虹彩認証機能が搭載されたスマートフォンの試作機を出展。2015年内での製品化を目指すと発表した。

ここでいう虹彩とは、目の瞳孔の外側にある環状部分のこと。瞳孔が拡大、縮小する動きによって虹彩に寄った皺は2歳を過ぎると変化しなくなり、偽造も困難なことから、生体認証の有力な手段として用いられてきた。富士通では今回、虹彩認証に必要となる赤外線LED照明、および赤外線カメラをスマホに搭載できるサイズまで小型化。さらに、虹彩認証エンジン「ActiveIRIS」の採用により、目をカメラに近づけることなく、認証できるシステムを完成させている。

では、今回発表された虹彩認証機能の内蔵で、スマホ操作はどのように変わるのだろうか? セキュリティ性の向上はもちろんだが、特に期待されるのは、セキュリティにかかわる操作の簡略化だ。ポケットからスマホを取り出したら、画面を見るだけでロックを解除。指の操作では、手が濡れていたり、手袋をしていたりすると認証の妨げになるが、虹彩認証であればそのような問題もない。さらに、画面を見ている間、つまりスマホを使っている間は常時ユーザーが認証された状態となるので、ECサービスでの製品購入、オンラインゲームなどでログインが必要なケースにも、逐一IDやパスワードを入力することなく本人認証ができるようになるのだ。

また、スマホでは以前から人間の目の動きを捉える「アイトラッキング」という技術が、タッチに続くインターフェースとして利用されてきた。たとえば、2014年に登場したスマホ「GALAXY S4」には、カメラで認識した目や顔の動きをもとに、画面から視線を外すと動画の再生を一時停止するなどの動作をする「スマートスクリーン」機能が搭載されている。

こうした分野の新星として、15年秋に発売を予定しているのがメガネメーカー「JINS」のウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」だ。これは、メガネに三点式眼電位センサーを内蔵したアイテムで、眼球運動に伴って生じる電気信号をセンサーが検知することで、目の動きや瞬きをリアルタイムで認識。さらに、加速度・角速度センサーによって、頭の動きや体軸、体幹などを把握できる。

ジェイアイエヌ マーケティング室で広報・PRを担当している渡辺里実氏によると、「JINS MEME」では取得した目や頭の動きのデータをもとに、装着者の心と体の状態をセルフチェックするような利用法を検討しているという。

「眠い時や集中度が落ちている時、目は独特の動きをします。これを認識することで、たとえばドライブ中に眠気を感じているようであれば、スマホからアラートを出すような使い方ができるかもしれません」(渡辺氏)

なお、同社には「JINS MEME」の発表以降、大学の研究者やアプリケーション開発者、一般ユーザーなどから様々な使い方の提案が寄せられている。その中でも興味深いのがコントロールデバイスとしての利用法だ。今年米国で行われたCES(家電見本市)に同製品が出品された際には、瞬きや視線の動きに合わせてビジュアルを移動させたり、音を出したりするインスタレーションも公開された。

このように、ユーザーの目から得られる情報をスマホで活用しようという取り組みは、現在様々な形で研究が進められている。将来的にはタッチ操作に続く第二のインターフェースや、ウェアラブル活動量計の新たなデータソースとして、目が使われる時代が来るかもしれない。
(丸田鉄平/HEW)

ActiveIRIS JINS MEME アイトラッキング インターフェース 虹彩認証機能