【ダビスタ攻略】”ガチャ抽選”★5ランク種付け馬 まとめ


ゲームアプリ『ダービースタリオン マスターズ』(以下、ダビマス)において、より強い馬を配合したいなら、ポテンシャルの高い名馬の種付け権をゲットしやすい「プレミアム種抽選」(ガチャ)を引くのが手っ取り早い。そこで、最強ランクである★5つ評価がついた5頭の実力を『ダビマス』のデータに基づいて掘り下げていこう! ※「ステイゴールド」は以前紹介

●万能タイプのスピード馬が産まれやすい!? 【キングカメハメハ】


■ステータス
距離適性:1600~2000 m
成長:普通
ダート:◎
体質:B
気性:A
実績:A
底力:B
安定:A
非凡な才能:ナシ

実際のキングカメハメハの現役時代は1年弱と短く、8戦しかレースに出ていない。2003年11月にデビューを果たし、3歳の9月に屈腱炎を発症。10月には引退している。それゆえ、体質は「B」評価なのだろう。しかし、その短期間に重賞5勝、うちGIを2勝しているので、とんでもないポテンシャルの持ち主だ。

■「因子」の注目ポイント
速力:5
底力:5

そのほかは「長距離」が1のみ、という非常にシンプルな構成。キングカメハメハはGIの「NHKマイル」「日本ダービー」でそれぞれレコード記録を出して勝利している快足の持ち主だ。種牡馬としても非常に優秀で、安定した成績を残す産駒(子ども)が少なくない。最近では、クラシック二冠馬のドゥラメンテ、GIを2勝したラブリーデイ(『ダビマス』では★4評価の種牡馬)などが有名。ダートや重馬場(雨などで水分を多く含んだ状態)もこなす万能タイプの馬も多い。配合する場合には、牝馬(雌)の成績が再現される部分もあるので、良血でポテンシャルの高い牝馬と配合するとかなり良さそうだ。

●古馬になってから光り始める!【スクリーンヒーロー】


■ステータス
距離適性:1600~2200m
成長:晩成
ダート:◯
体質:B
気性:B
実績:A
底力:B
安定:A
非凡な才能:ナシ

モーリス(★4)やゴールドアクター(★4)の活躍で、実際のスクリーンヒーロー産駒は現在、注目度急上昇。「成長:晩成」とある通り、古馬(4歳以上)になってから本格化する場合が多い。スクリーンヒーロー自身も古馬になってからGI優勝を果たしている。

■「因子」の注目ポイント
底力:7

そのほかは「短距離」「速力」「早熟」が2ずつ、「長距離」「堅実」がそれぞれ1だ。「底力」が7もついているので、追込み型の強い競馬をする馬が育ちそう。代表産駒のモーリス、ゴールドアクターを見ていると、距離的には2000m前後が最適に感じる。

●終盤勝負ができる“華のある馬”が生まれそう!【ディープインパクト】


■ステータス
距離適性:1600~2400m
成長:普通
ダート:△
体質:A
気性:B
実績:A
底力:A
安定:A
非凡な才能:ナシ

競馬になじみがない人でも、一度はその名前を聞いたことがあるほどの最強名馬。国内13戦12勝、うち三冠を含むGI・7勝は歴代最多タイ。種牡馬として申し分なさすぎるステータスである。三冠馬であるぐらいなので、距離適性の幅は広く、1600~2400m。

■「因子」の注目ポイント
速力:3
底力:4

そのほかは「長距離」が2、「短距離」「丈夫」「晩成」が1ずつ。高い速力と底力を持ち合わせているので、レース中盤で脚を溜め、最後の直線で勝負ができる、カッコいい勝ち方ができる馬が育ちそうだ。

実際のディープインパクトは種牡馬としても超一流の売れっ子。今年の3歳馬で別次元の強さを見せていたディーマジェスティ(皐月賞馬/★4)、マカヒキ(ダービー馬/★4)、サトノダイヤモンド(菊花賞馬/★4)、シンハライト(オークス馬)、ヴィブロス(秋華賞馬)はすべてディープ産駒だ。

●スピード勝負は誰にも負けない!? 【トウカイテイオー】


■ステータス
距離適性:1600~2600m
成長:普通
ダート:△
体質:A
気性:B
実績:A
底力:B
安定:A
非凡な才能:ナシ

GI・7勝の“皇帝”シンボリルドルフを父に持つ超良血馬。トウカイテイオー自身もGIを4勝している。とても能力の高い馬だったが、三度の骨折に泣かされた。しかしその度に華麗に復活を遂げたことから、「体質」はA評価がついているのだろう。

■「因子」の注目ポイント
速力:5

そのほかは「短距離」「底力」が2、「早熟」「堅実」が1。弾むような独特な走りで、軽々と1着をさらっていく…という印象が強い馬だったので、因子の数値が表している通り、産駒もかなりのスピード力が期待できそうだ。

●頑丈なステイヤーが生まれるかも!? 【ハーツクライ】


■ステータス
距離適性:1800~3000m
成長:晩成
ダート:△
体質:B
気性:A
実績:A
底力:A
安定:B
非凡な才能:ナシ

国内レースで唯一、ディープインパクトに勝ったことがある馬(2005年の有馬記念)。古馬(4歳以上)になってからの活躍が目立った馬なので、成長は「晩成」評価に。海外のGIでも勝利を収めており、ジャスタウェイ(★4)など、代表産駒にもその海外に強い血は受け継がれている。

■「因子」の注目ポイント
「底力」4
「速力」3

そのほかは「長距離」が2、「短距離」「丈夫」「気性難」がそれぞれ1だ。「長距離」に2がついているように、実際の産駒は、芝の長距離で活躍する馬が多い傾向に。

また、丈夫でケガが少ないので、長く活躍してくれる馬を輩出できそうだ。ジャスタウェイ以外の産駒だと、2014年ダービー馬のワンアンドオンリーや、同年オークス馬のヌーヴォレコルトなどが有名。カレンミロティックは8歳の現在も長距離路線でがんばっている。

★5の種牡馬が出現する確率は、10%。今後、イベントなどで出現率が変動する可能性もあるようだが、運良く引き当てられれば、GI馬を輩出する近道になるぞ!
(えんどうまい)

【関連リンク】
■ダービースタリオン マスターズ(Android/iOS)
(Google Play)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.drecom.dabimas

(iTunes)https://itunes.apple.com/jp/app/id1154005499?mt=8

■公式サイト「ダービースタリオン マスターズ」
http://dabimas.jp/

(C)2016ParityBit

ガチャ キングカメハメハ スクリーンヒーロー ダービースタリオン ダビスタ ダビマス ディープインパクト トウカイテイオー ハーツクライ マスターズ 種牡馬 配合