【ダビスタ攻略】上手に配合するテクニック


競走馬育成シミュレーションゲームアプリ『ダービースタリオン マスターズ(以下、ダビマス)』を始めて半月強…。プレミアム★5の種牡馬の種付け権が今日も出ない…。着実に結果を出してくれる馬を輩出するにはいったいどうすればよいのだろう? 開発元・ドリコムの西村拓也さんに悩みを相談した!

●「因子」はどうすれば引き継がれるの?

―― GIとは言わずとも、せめてGII・GIIIで確実に結果を出してくれる馬が欲しいんです! 前回、“配合が最も重要”というお話をうかがいました。血統表の見方をもう少し教えていただきたいのですが、「底力」「速力」…などの因子は子どもにどう影響するのでしょうか?

「そもそも因子は、インブリード(=クロス/近親配合)が成立すると追加されていく馬の特性です。『見事な配合』『完璧な配合』が成立すると、その馬が血統上で持っている因子がとても良く反映されるようになりますよ」(西村さん、以下同)

なるほど、“クロスが成立している方がいい”と言われる由縁は、そういうワケか! ちなみに因子は10種類あるが、それぞれどういう特性のものなのかをまとめておこう。

・「短距離」:短距離の適性がある
・「速力」:スピードがある
・「底力」:スタミナがある
・「長距離」:長距離の適性がある
・「ダート」:ダートコースの適性がある
・「丈夫」:体(脚)が強い
・「早熟」:成長が早い。新馬(2~3歳)のうちから活躍が見込める
・「晩成」:成長が遅い。古馬(4歳以上)になってからの方が活躍を見込める
・「堅実」:調教師や騎手の指示に従いやすい
・「気性難」:気性が荒く、調教師や騎手の指示に従いにくい


――配合理論は親系統の血統表がもとになっていますよね。子系統の表もありますが、子系統は何をチェックすればいいのですか?

「主な配合理論は親系統を使ったものですので、はじめのうちは子系統の表はあまり気にしなくても大丈夫ですよ」

●開発者・西村さんのGI馬の配合は?

――ちなみに、西村さんの初GI馬はどういう配合だったのですか?

キングカメハメハと“見事な配合”が成立するようなトウカイテイオー産駒(子ども)の繁殖牝馬を育て、キングカメハメハを種付けしました。種付けさせたい種牡馬が決まったら、牝馬はある程度血統を計算しながら繁殖した方がいいですよ。そうすれば、自家製繁殖牝馬でも十分に強い配合は狙えます」

――血統の計算など、配合をアレコレ想像するのが初心者にはけっこう難しいです…。何かテクニックのようなものがあったら教えてください!

「種付けシーズン(4~5月)に入ったら、種牡馬の親系統の表を開いたままどんどん左右にスクロールしていくと、血統が見やすいです。また、牝馬はあらかじめ、各親系統の血統をチェックしておきましょう。新しい繁殖牝馬を迎え入れたときに、メモっておくと配合の時にすぐ見返せて便利です」


過去の『ダビスタ』時代は、自分で細かく血統表を作って配合を楽しんでいたプレイヤーも少なくなかったのだとか。はてしない作業だが、産まれてくる子どもの血統を計算して、種付けしていくのは楽しそう!

筆者も現在所有している牝馬(現役含め)の血統をノートにメモるようにしたのだが、繁殖シーズン以外でも種牡馬との相性がチェックできて便利!(相性のチェックは種付けできる4~5月中しか見ることができない) 現役の牝馬の親系統もメモしておくと、引退後繁殖に上げるか売るかの選択も決断しやすくなるし、今後どういう種牡馬をつければ子孫が強くなるかも想像できる。何よりも、配合を考えるのが前よりも楽しくなった! “牝馬の血統メモ”はぜひ試してみてほしい。
(えんどうまい)

【関連リンク】
■ダービースタリオン マスターズ(Android/iOS)
(Google Play)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.drecom.dabimas
(iTunes)https://itunes.apple.com/jp/app/id1154005499?mt=8

■公式サイト「ダービースタリオン マスターズ」
http://dabimas.jp/

(C)2016ParityBit

キングカメハメハ ダービースタリオン ダビスタ ダビマス マスターズ 攻略 配合 開発者