女性200人に調査!実は嫌いな夏イベントTOP10

意外にNGな海水浴、日焼けだけでなく、そもそも水着がダメ? 写真:hanack/PIXTA(ピクスタ)
今年もいよいよ夏本番! 夏フェスや花火大会などのイベントシーズンの到来に、気になる彼女を誘おうと胸をときめかせている人も多いのでは? でも実は、「夏イベント」が好きじゃないという女性の声ちらほら…。そこで20~30代の独身女性200人に、「本当は好きじゃない夏の定番イベント」を聞いてみた(協力:アイ・リサーチ)。

■本当は好きじゃない夏の定番イベントTOP10
(全11項目から上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 海水浴(海で遊ぶ) 251pt
2位 山登り 138pt
2位 お化け屋敷 138pt
4位 プール 134pt
5位 花火大会(大きな打ち上げ花火大会) 105pt
6位 バーベキュー 100pt
6位 キャンプ 100pt
8位 ビアガーデン 83pt
9位 実家(地元)に帰省 63pt
10位 音楽フェス 58pt

※番外
11位 夏祭り(夜店で遊ぶ) 19pt

2位に倍近いポイント差で1位になったのは夏の代名詞「海水浴」。4位には「プール」もランクインしているが、水着を着るシチュエーションを嫌がる女性が多いのだろうか。加えて、デートの定番、「お化け屋敷」「花火大会」も上位に…。気になる理由も教えてもらった。

【1位 海水浴(海で遊ぶ)】
「水着を着たくないし、日焼けしたくないから」(25歳)
「水着と暑いのが嫌」(34歳)
「べたべたする」(30歳)
「泥や砂でたくさん汚れるから」(28歳)
「塩水につかる理由がわからない 日焼けするだけなのに」(26歳)
「塩水が顔にかかるのが苦手。ビーチのイケイケな雰囲気が苦手」(38歳)
「人も多いし、海で貝か魚に刺されたこともあるので」(22歳)
「リア充がうざい」(26歳)

【2位 山登り】
「暑い時に山なんかに登りたくないから」(25歳)
「苦行としか思えない」(38歳)
「しんどい。何が楽しいかわからない」(36歳)
「暑いし、遭難したりしたら怖いから」(31歳)
「達成感までが長い」(26歳)
「虫が多くいる」(23歳)

【2位 お化け屋敷】
「怖いのは嫌いだし、霊感がつよいのか気持ち悪くなるから」(35歳)
「友人に『連れて来やすい』と言われた事がある為、あまり心霊関係の行事はしないようにしている」(24歳)
「びっくりさせられるのが元々苦手なのでいきたくありません」(26歳)
「暗くて狭いところが苦手」(28歳)
「怖いだけで涼しくならない。冷や汗をかく」(27歳)

【4位 プール】
「不潔な感じがする」(28歳)
「人も多いしくつろげないので」(25歳)
「暑いし着替えるのが面倒 泳いだ後の倦怠感がひどいから」(29歳)
「水着をきたくない」(32歳)

【5位 花火大会(大きな打ち上げ花火大会)】
「暑くて倒れそうになる」(28歳)
「トイレが困難」(26歳)
「音はうるさいし人は多いし、何がいいのかわからないから」(25歳)
「前に行ったとき大雨が降り、それでも花火は上がったけど近くで見すぎて灰だらけになってしまったから」(30歳)

【6位 バーベキュー】
「人に気を遣うし、バーベキューよりも普通の店で食べたいから」(27歳)
「焼けるし暑い中熱いものをたべたくない」(27歳)

【6位 キャンプ】
「トイレや風呂などが汚いイメージ」(37歳)
「屋外での寝泊りがキライだから。虫がキライだから」(31歳)

【8位 ビアガーデン】
「都内の熱帯夜のビルの屋上でのんでも暑くておいしくない」(36歳)

【9位 実家(地元)に帰省】
「自分にとってわずらわしい話題をふられること」(32歳)

【10位 音楽フェス】
「人ごみはすごいし暑くて集中して音楽が聞けない。そもそもライブ自体がそこまで好きではない」(29歳)

全体的に「暑い」「汚い」「人ごみが嫌い」といった、夏に外出すること自体に難色を示す理由が目立つ。ただし、最初は嫌だったけど行ってみたら楽しかった、なんていうのはよくあること。上記の意見に気をつけつつ、相手を誘ってみてはいかがだろうか?

(嶋野清明)

イベント 水着 花火