1位はもちろん… 夏を感じる“音”TOP10

花火や風鈴の音、虫の声が聞こえると縁側の風景を思い浮かべる人も多いのでは? 写真: blanche/PIXTA(ピクスタ)
既に各地で猛暑日を記録し、照りつける太陽にうんざりしている人も多いだろう。一方で、花火が打ち上がる音や風鈴の音色に、ふと立ち止まる瞬間も少なくないはず。そこで「夏を感じる音」について、20~30代会社員男女200人(男女各100人)にアンケート調査を行った。

■夏を感じる音TOP10
(16個の選択肢から、1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計 協力:アイリサーチ)

1位 セミの鳴き声 317pt
2位 風鈴の音 286pt
3位 打ち上げ花火の音 215pt
4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音 147pt
5位 波の音 56pt
6位 高校野球中継の音(応援やサイレンも含む) 42pt
7位 扇風機が回る音 38pt
8位 蚊の羽音 28pt
9位 線香花火の音 20pt
10位 夕立の雨音 10pt
10位 氷が溶けグラスにあたる音 10pt
10位 冷房の室外機の作動音 10pt

1位「セミの鳴き声」や2位の「風鈴の音」といった、日常生活の情景を思い起こさせる音が上位にランクイン。それぞれの理由は以下の通り。

【1位 セミの鳴き声】
「暑さを感じることができるから」(39歳・男性)
「セミが鳴くと、たいてい梅雨明けの発表があるから」(29歳・女性)
「蒸し暑い中うるさいとイラっとする。このイラっとする感情は夏特有のものだと思う」(38歳・女性)
「ジーワジーワと聞くと夏が始まったなと思い、ツクツクホウシの声を聴くと夏が終わるなと感じる」(31歳・女性)

【2位 風鈴の音】
「毎年、隣の家から聞こえるから」(32歳・男性)
「実家の母屋に年中吊り下げているが、暑さを少し和らげてくれる。涼しい音が夏を思わせるから」(24歳・女性)
「窓を開けて風が入ってくる様子が想像できるから。音を聞いただけでも涼しく感じられるから」(24歳・女性)

【3位 打ち上げ花火の音】
「夏といえば花火」(31歳・男性)
「他の季節には聞けない音だから」(34歳・女性)
「大きな音で、夏にしか聞けない音だから」(39歳・男性)

【4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音】
「お祭りの始まりといえば夏」(33歳・女性)
「夏にしか聞こえないし、一番郷愁を誘うから」(24歳・男性)

【5位 波の音】
「海に行きたくなる」(35歳・女性)
「近くに海があるから」(34歳・男性)

【6位 高校野球中継の音】
「暑い日が来たと思ってしまう」(35歳・男性)

【7位 扇風機が回る音】
「毎年恒例なので」(35歳・女性)

【8位 蚊の羽音】
「暑さが伝わる」(34歳・男性)

【9位 線香花火の音】
「懐かしい」(21歳・女性)

【10位 夕立の雨音】
「暑い日があって、夕方雨が急に降って、涼しくなる。それがなんとなく夏らしく感じる」(32歳・女性)

「夏の音」を聞いて情景を思い浮かべるだけでなく、懐かしさを感じるというコメントも目立つ。普段は聞き流すあの音に改めて耳を傾けると、いつもと違った夏を感じることができるかもしれない。

(嶋野清明)

セミ 盆踊り 花火