若いのに“オバサンくさい”と思われる女子の特徴TOP10

大笑いはオバサンのしるし? 写真:MN4/PIXTA(ピクスタ)
先日、台湾に住む40代の女性インスタグラマーの写真が、「世界で最も若く見える三姉妹」としてネットの話題をさらいました。日本でも「美魔女」という言葉が定着しつつあり、いよいよ見た目=年齢とは言えなくなってきたようです。その一方で、実年齢は若いのにオバサン扱いされる人がいるのも事実。そこで、20~30代の独身社会人男性200人に、「若くてもオバサンっぽいと思ってしまう女性の振る舞いや特徴」についてアンケート調査しました。

■若くても「オバサンっぽい」と思ってしまうことTOP10
(3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

1位 所かまわず大声でおしゃべり、大笑いする 268pt
2位 動作に「ヨイショ」など掛け声がつく 167pt
3位 手を叩きながら笑う 148pt
4位 平気で割り込む 113pt
5位 店員などへの当たりがキツい 95pt
6位 自分の非を認めない、謝らない 93pt
7位 よく「最近の若い子は~」などと言う 88pt
7位 電車ですぐ座る(座ろうとする) 88pt
9位 独り言が多い 40pt
10位 財布がパンパン(ブタ財布)33pt

所かまわず大声でしゃべる、平気で割り込むなど「周りの迷惑を考えない」行動が目立ちます。また、6位の「自分の非を認めない、謝らない」や7位の「最近の若い子は~」など、上から目線な振る舞いも“オバサン”に見られてしまうようです。以下、各項目の理由を見てみましょう。

【1位 所かまわず大声でおしゃべり、大笑いする】
「体裁を気にしない振る舞いをする女性は、女を捨てた感があっておばさんくさいかな」((39歳・神奈川県)
「幼稚園の送り迎えの時に道端で話しててそうかんじる」(35歳・神奈川県)
「入り口付近、通路などで周りも見ずにおしゃべりしているのはいかにも井戸端会議だから」(36歳・千葉県)
「歯科医の院内でしゃべり続けるおばさんがいて、30分も待たされた」(37歳・東京都)
「大阪のおばちゃんは、とにかく声が大きい」(33歳・大阪府)

【2位 動作に「ヨイショ」など掛け声がつく】
「声を出さないと物が持てなくなっているように感じるから」(34歳・広島県)
「最近、妻がよく言っていて気になるので」(38歳・神奈川県)
「動作に掛け声がつくということは動くことに対して辛い気持ちが出ているということで、体力がなくなってきている証拠でもあるから」(28歳・京都府)
「今の時代あまり聞かないので」(29歳・愛知県)

【3位 手を叩きながら笑う】
「周りを気にしない感がおばさんぽい」(33歳・群馬県)
「若い人はやらない」(35歳・北海道)
「馬鹿みたいに思えるから」(23歳・広島県)

【4位 平気で割り込む】
「車の運転でも電車の並びでも、割り込んでくる人は女性でおばサンっぽい人が多い気がするから」(33歳・熊本県)

【5位 店員などへの当たりがキツい】
「いい歳して情けないのと、人を支配しようとしている行為が人間失格だと思います」(37歳・福岡県)

【6位 自分の非を認めない、謝らない】
「イメージとして我が道を行くのがおばさんくさい人だと思うので、自分自身が悪いということは認められないと思うから」(36歳・大阪府)

【7位 よく「最近の若い子は~」などと言う】
「最近の流れについていけない事を、若者のせいにしている。価値観が凝り固まっている」(36歳・静岡県)

【8位 電車ですぐ座る(座ろうとする)】
「我先にと行こうとする姿が醜い」(36歳・神奈川県)

【9位 独り言が多い】
「そういうおばさんが多いから」(34歳・沖縄県)

【10位 財布がパンパン(ブタ財布)】
「レシートやクーポン券、スタンプカードなど使わないのに整理整頓ができていない人ほど体型や仕草もだらしない」(36歳・岡山県)

6位の「自分自身が悪いということは認めない」、7位の「価値観が凝り固まっている」など、全体的に、頑固さを感じさせる振る舞いがオバサンくさいと思われるようです。しかし、こうした振る舞いは何も女性に限ったものではありません。男性陣も“オジサンくさい”と思われないように気をつけないと…。

(嶋野清明)

オバサン 特徴 美魔女 行動