スマホNEWS&TOPICS記事一覧

1 2 3 4 5 6 64
スマホのカスタマイズ・修理、違法になる線引きは?
日常生活に欠かせないスマホだが、扱い方を間違えると「事件」に発展してしまうこともある。特に気を付けたいのが、知らず知らずのうちに「犯罪行為」…続きを読む
非正規店で修理することで、結果正規店より高くつくかも? 判断は慎重に
会議中にスマホゲーム、会社員の●人に1人が経験
会議中にケータイをいじる――ひと昔前なら、「何やってるんだ!」なんて上司から叱責される場面だが、時代は変わった。メモ機能やスケジュール確認な…続きを読む
退屈な会議、ついつい視線を落としてスマホ画面に…? 写真:kou / PIXTA(ピクスタ)
パインアメ中の人「ツイッターきっかけで憧れの部署へ」
缶詰のパインを模した独特の形で知られる「パインアメ」。発売から六十余年、“最も知名度の高い飴”のひとつとして、ロングセラーを誇っている。そん…続きを読む
2010年のアカウント開設以来、運営を任されている中の人。着用しているのは、ツイッターでのやりとりがきっかけで生まれた「激怒」Tシャツ
【タイ人に聞く】LINEが大活躍するタイのSNS大国事情
LINEの全世界月間アクティブユーザー数2億1500万人のうち、約7割にあたる1億4470万人を日本、台湾、タイ、インドネシアの4か国が占め…続きを読む
SNSのつながりはタイの友達ばかり。日本人との友達つながりは日本語の先生くらいというダーオさん
ビジネスマンが注目するスマホガジェットは?
端末の進化に伴い、スマホと連携して様々な機能を発揮する“ガジェット”も日々新しいものが誕生している。では、今、ビジネスマンが注目しているのは…続きを読む
ビジネスマンの注目を集めている「クレジットカードリーダー」。各店で導入されれば、レジでもたつかず、スマートな支払いが可能になりそうだ 写真:chesky/PIXTA(ピクスタ)
約7割!自分が子どもの時にスマホがなくて良かった
最近では、小さい子どもたちでさえ、スマートフォンを器用に使いこなしている。子どもを連れて遠出するとき、静かにジッとさせなければならないとき、…続きを読む
今の親世代が子どもだった頃に、スマートフォンが当たり前のように流通していたなら、どんな使い方をし、どんな生活を送っていたのだろうか?
パインアメ公式「他企業と会う時は、飴ちゃん袋をパンパンに」
60年以上愛され続けるロングセラー商品「パインアメ」。特に、製造元であるパイン株式会社の地元・大阪では抜群の知名度を誇っている。そんなパイン…続きを読む
その愛嬌ゆえか、他企業アカウントやフォロワーからいじられることも多いパインアメ。「のっかれるものは何でものっかっていきたい」と中の人
LINEのプロフィール写真、ペットはNGの場合も!?
今や恋愛において、LINEは最重要ツールといっても過言ではない。でも、あなたのLINEの使い方、女子から見ると間違いだらけかも!?そこで、悩…続きを読む
合コンで知り合った女性たちからのウケがいいLINEのアイコンは? 写真:polkadot/PIXTA(ピクスタ)
恋人のスマホ盗み見、犯罪になるの?
日常生活に欠かせないスマホだが、扱い方を間違えると「事件」に発展してしまうこともある。特に気を付けたいのが、知らず知らずのうちに「犯罪行為」…続きを読む
GPSで居場所を追跡するのも、『相手の証拠をつかむため』なら認められる可能性がある
昭和vs.平成、利用ツールから見える「SNS感覚」
10歳離れているわけでもないのに、平成生まれの後輩と世代差を感じる…そんな昭和生まれのアラサーは多いのでは?特にスマホやSNSを華麗に扱う彼…続きを読む
「平成世代は投稿するSNSの雰囲気に合わせて、画像も加工します。インスタなどオシャレに見せることが目的の場には、人物を美しく写すアプリ『B612』や、食べ物を美しく撮影するアプリ『Foodie』などを使用した画像が多くあげられているんです」(原田さん)
ファミコン芸人が語る『マリオラン』攻略ポイント
昨年12月にiOS版がリリースされ、年末にはAndroid版の事前登録もスタートした『スーパーマリオラン』。正月休みに遊んだ人も多いのでは?…続きを読む
“ファミコン芸人”フジタさんは『スーパーマリオ ラン』をどう遊んだ?
災害時に“本当に役立つ”アプリ3選
1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生。兵庫県神戸市を中心に甚大な被害を与えた。インターネットやスマートフォンが普及していなかった当時…続きを読む
「速報がうまく受信できない時は、Twitterが頼り」と筒木さん。情報は玉石混淆なので、信頼できるアカウントをリスト化したり、フォローしておくとよさそうだ 写真:Graphs/PIXTA(ピクスタ)
仕事用のSNSアカウント、1割強が「作って後悔」
Facebook、Twitter、Instagramなどの「SNS」。多くのビジネスマンが利用しているだろうが、仕事の人とつながったらプライ…続きを読む
仕事用アカウントで「仕事の依頼を受けた」(29歳)と、実益があった人も
歩きスマホで50万円以下の罰金になることも!?
普段、何気なく使用しているスマホ。便利な反面、使い方次第では知らず知らずのうちに「犯罪行為」に手を染めてしまうこともあるようだ。そこで、日常…続きを読む
R25スマホ情報局が以前行った調査では、「歩きスマホ」経験者は81.1%。自分が加害者にならないために注意が必要だ
仕事時の時刻チェック、スマホ派vs.腕時計派
就職祝いに“腕時計”をプレゼントされた経験のある人も少なくないはず。しかし昨今は、スマホがあるから腕時計は持たないという人も増えている。そこ…続きを読む
腕時計を身に着けていても、スマホで時間を確認する男性も少なくなさそう… 写真:tomos/PIXTA(ピクスタ)
次世代カーナビで新感覚ドライブを体験せよ!
どこに出かけるにも億劫になりがちな今の時期は、デートや旅行に自動車が大活躍。移動中、寒気にさらされる心配もなく、クルマの快適さをより強く実感…続きを読む
記事一覧ページR25
スマホの紛失、「失くした場所が分からない」●人に1人
ようやく正月気分も抜け、本格的に仕事が始まる2017年。みなさんはどのような年末年始を過ごしただろうか?帰省しての久しぶりの実家生活や、普段…続きを読む
せっかく楽しい休日もスマートフォンを失くしてしまっては台なし。日頃からスマートフォンを失くさないよう注意することも必要だが、気持ちだけでは限界がありそうだ 写真:sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)
2017年こそ使いこなしたい!ビジネスアプリTOP10
年末年始休暇を終え、いよいよ本格的な仕事モード。飛躍の年にしたいと心に誓っている人も多いだろう。そんな時に活用したいのが、様々な形で仕事の効…続きを読む
今年こそ、アプリを使いこなして仕事の能率を高めたい!
写真:Komaer / PIXTA(ピクスタ)
部下から上司へ「年賀メール」派は約●%
正月休みが終了し、いよいよ仕事モード!とその前に…新年の挨拶はきちんとしただろうか?特に社内の人へは堅苦しい挨拶を抜かしがち。年賀状を始め、…続きを読む
Yahoo!検索(リアルタイム)で調べてみると、1月1日の0時から翌日0時までに投稿された「あけおめ」を含むツイートは120万件以上だった 写真:Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)
合コン後のグループLINE、好感度が高いのは?
今や恋愛において、LINEは最重要ツールといっても過言ではない。でも、あなたが女性に送っているLINEの内容、もしかしたら間違いだらけかも!…続きを読む
合コン後に送るグループLINEでの「お疲れ様」連絡、その好印象な文面は!? 写真:msv/PIXTA(ピクスタ)
1 2 3 4 5 6 64