実業家の家入一真さんに聞く! “注目のアプリ”(前編)

Android iOS

「ヒマさえあれば、おもしろいアプリを探してます」

個人向けレンタルサーバー「ロリポップ!」を運営する「株式会社paperboy&co.」の創業者・家入一真さん。執筆業やIT企業に出資するなど実業家としても活躍中です。そんな家入さんが注目しているアプリを教えてくれました!

以前はiPhoneを使っていたようですが、最近Android端末“GALAXY S2”を購入したそうです。ドコモの回線の強さや、動作もサクサクでバッテリーの持ちも向上していることから、かなり使い込んでいるとのことです。

ーー複数の端末からAndroidに一本化しようとしている理由を教えてください。

「これからはAndroidの時代になっていくでしょう。アプリ開発を行っている出資会社のためにも、最新の端末を触っておかないといけません。現状は3台の端末を持っているのですが、iPhoneとAndroidの機能の差がなくなってきたし、GALAXY S2に一本化してもいいかなと思っています」

ーー連絡先の統一が面倒ではないですか?

「ずっとドコモのガラケーを使用していたので、連絡先の同期は不可欠でした。そこで『g電話帳Pro』を活用しました。ガラケーの連絡先を抽出して、Googleの連絡先と同期をしたら、一発で同期してくれるので、手間いらずなのがうれしいですね」

ーーアプリ開発会社へ出資されているとのことですが、新しいアプリのチェックはどのようにしているのですか?

「ヒマがあれば、おもしろいアプリがないかリサーチしていますね」

ーースキマ時間を有効利用ですね! でも打ち合わせや取材などで、外にいる時間が圧倒的に長いそうですが、移動手段にタクシーを使うことも多いのでは?

「急いでいる時や真夜中は、どうしてもタクシー移動になってしまうんです。なかなか捕まらない場所だからといって、電話で迎車手配をするのも手間なんで『日本交通タクシー配車』を使っています。近くにいる日本交通タクシーを自動でサーチ。タップだけでタクシー迎車手配を行えます。これは、かなり便利なアプリですよ」

ーーご自身で運転されることもありますか?

「僕の車で移動することも、もちろんあります。でも、立ち寄りなどで少し車を停めていただけでも駐禁切符を切られてしまうことってありますよね。そんな時『駐禁チェッカー』が使えるんです。ユーザーが駐禁された位置情報を共有することで、取り締まり状況がわかるんですよ。とはいえ、駐車違反は違法なのでジョークアプリとして楽しんでください」

*この取材は2011年8月18日に行われたものです
撮影/鶴崎 燃 取材・文/ノオト

<家入一真プロフィール>
いえいり かずま
2001年、株式会社paperboy&co.の前身となる合同会社マダメ企画を設立。その後、個人向けレンタルサーバー「ロリポップ!」の提供をスタートした。2008年には、JASDAQ史上最年少社長(当時)として株式上場を果たす。

その後、株式会社paperboy&co.の代表取締役を退任し、カフェ事業を展開する株式会社パーティカンパニーを設立。同時に数々のIT企業への出資を行い、実業家として注目され始める。
現在は、株式会社ハイパーインターネッツで代表取締役クリエイターに就任し、マイクロ・パトロン・プラットフォーム「CAMPFIRE」をリリース。そして2011年7月、新たに株式会社partyfactoryを設立し、クリエイターやスタートアップ起業家を支援するベンチャーキャピタルを始動した。さらに、2012年5月には代表を務める「Liberty」を立ち上げ、ECサイトのプラットフォーム「BASE」などをリリース。

Twitter
IEIRINET: 生け贄スタイルの理論と実践
liverty

このテーマで紹介しているアプリ

¥0 株式会社日交データサービス
もってる!!
86 人が
もっています
App Storeでダウンロード GooglePlayでダウンロード
IT企業 paperboy&co. ロリポップ! 実業家 家入一真