プロレスラー・永田裕志オススメ(?)ツアー・旅先で役立つアプリ=後編=

Android iOS
アンチエイジングをテーマに年齢を感じさせないファイトをみせる永田さん。今後の目標はスマートフォン制覇!?

「スマホって本当に便利…そうだねぇ(笑)」

新日本プロレスだけでなく、他団体でもその強さを存分に見せつけている、プロレス界の顔役的存在の永田裕志さん。スマートフォンに関しては超初心者ということで…。

「まだまだ使いこなしている、っていう感じじゃないんですよね。せいぜい音楽を聴いたり動画を観たりするのに使ってるくらいで。いい機会だから、なにかいいアプリ教えてほしいくらい(笑)」

と、まさかの逆オファー! そこで今回は、ツアーで全国を巡る機会が多い永田さんに役立ちそうな、外出先で役立つアプリを編集部がチョイスしプレゼンさせていただきました。

──海外に出かける機会もよくあるほか、外国人選手との交流も多い永田さんには、音声認識した言葉を外国語に翻訳できる「旅行翻訳」が、かなり重宝するのではと思うのですが?

「しゃべった言葉が翻訳されるんだ! これはすごいなー。英語だけじゃなくて、中国語とかいろいろな国の言葉に翻訳できるから、海外旅行ではかなり役立ちそう。スマートフォンの音声認識機能は、メールやブログの文章を書くときにも使えるんでしょうね」

──移動中の暇つぶしにもなるほか、まさかの災害時に情報ソースとしても役立つラジオがスマホで聴けるIPサイマルラジオサービス『radiko』の公式アプリ「radiko.jp for Android (無料)」も、入れておいて損のないアプリかと。

「スマートフォンでラジオが聴けるってのは便利だよね。思ったよりも音質がいいみたいだから、音楽を聴くのにもいいんじゃないかな」

──永田さんといえば、ハードなトレーニングで常に万全のコンディションを維持していることでも有名。そこで、楽しくトレーニングができる「うでたて道場」を使っていただければと思うのですが…。

「この発想は面白いなー。ゲームっぽく腕立てができるから、楽しく腕力を鍛えたい人にはピッタリかもしれないですね。さすがに、レスラーのトレーニングで使うのは難しそうだけど(笑)」

──そうですよねー(汗)。では、ジョギングやウォーキングといったトレーニングに役立つ定番アプリ「SmartTraining」はいかがでしょう?

「走ったルートが地図上で表示されるところがいいね! 仕事柄ジョギングもよくしますから。こういうアプリがあると、トレーニングの励みになっていいよね。走ったルートが確認できるのも便利だし。音楽プレーヤーと一緒に使ってみたら楽しそう。いやぁ、スマートフォンって便利だなやっぱり(笑)。新日本プロレスは、YouTubeにチャンネルを持っていたりして、デジタルコンテンツには積極的な会社なんですよ。ちゃんと使いこなせるようになったら、スマートフォン向けのアプリも提案してみたいな」

──なんて、意欲的な提案も。ちなみに、もし永田さんがアプリを開発するとしたら?

「選手とファンが、スマートフォンを使ってコミュニケーションできるようなサービスができたらいいですよね。あとはやっぱり、みんなが元気になってくれるようなアプリとか。今年は特に、僕たちの試合や生き様を通じて、みんなを励ましていきたいですから」

それだけの元気があれば、スマートフォンだってすぐに攻略できるはず! ちなみに、その後新日本プロレスの公式スマートフォンアプリがリリースされました。これって、もしや永田さんのアドバイスが活かされたのかも?

撮影/小島マサヒロ 取材・文/R25スマホ情報局編集部
※この取材は2011年4月14日に行われたものです

 

<永田裕志プロフィール>
ながた ゆうじ
千葉県出身、1968年生まれのプロレスラー。新日本プロレス所属。1992年にデビュー。
98年にIWGPタッグ王座(パートナーは中西学)、02年にはIWGPヘビー級王座を獲得。 03年に奪取されるまで、10回の最多連続防衛記録を達成。ファンの間では、腕固めの際にみせる「白目」や、独特の敬礼ポーズも人気。14年3月現在は、他団体であるプロレスリングノアのGHCヘビー級王座(第21代)に君臨。団体の垣根を越えた活躍を続けている。

■新日本プロレスリング

このテーマで紹介しているアプリ

プロレスラー 新日本プロレス公式スマートフォンアプリ 旅先で役立つアプリ 永田裕志