コラムニスト・石原壮一郎さんオススメ! 大人力を高めるアプリ=前編=

Android iOS
乗り換えた当初は、やはり文字入力で手間取ったとのこと

「アプリで能力が拡張されるのが楽しいですね」

ツイッターやフェイスブックを頻繁に利用するようになったので、メインで使う携帯をスマートフォンに乗り換えたという石原壮一郎さん。

「フィーチャーフォンを使っていた時も、通話よりメールを利用することが多かったので、長文が入力しやすく、画面も大きいスマートフォンにして大正解でした」

というように、快適なスマートフォン生活を楽しんでいるようです。

「スマートフォンって、自分の能力を拡張してくれるサイボーグのオプションパーツみたいな存在ですよね。ビジネスはもちろん、オフタイムでも役立つアプリが多いので、『今度はどんな能力をアップさせようかな』という感覚でアプリ探しを楽しんでいます」

スマホ導入でSNSでの発信も積極的に行うようになったそうです

──ツイッターでも活発に活動をしている石原さん。数あるツイッター向けクライアントの中で、この「ついっぷる」を選んだ理由とは…?

「初心者でも使いやすいところを気に入っているんですが、このアプリを選んだいちばんの理由は、パソコン版の『ついっぷる』を使っていたから。パソコン版でお世話になっているのに、スマートフォンでは別のクライアントを使うなんて、大人として義理を欠く行為のように思えたんですよね。まぁ、そこまで気にする必要もないんでしょうけど…」

──「大人の嗜みとして入れておくべき」という、手書きで入力した漢字の読みや意味、筆順がわかる辞典アプリ「常用漢字筆順辞典」。こちらのオススメポイントは?

「読み方がわからないときにフリック入力ができない漢字でも、手書き入力で検索できるのでとても便利なんです。筆順がしっかりとわかるようになっているので、冠婚葬祭など大人の手書き力が試される場所でも役に立ってくれるのではないでしょうか?」

──大人力向上に役立つアプリとしては、寿司ネタに関するうんちくや、旬のネタがわかる「すし手帳」もオススメとのこと。石原さんも、愛用されているそうですね?

「僕はお寿司が大好きなので、こういう電子書籍は見ているだけでも楽しめますね。やはり便利なのは、通として押さえておくべき寿司ネタがわかる『旬カレンダー』。これをチェックしておくだけでも、寿司店で緊張せず注文ができるのではないでしょうか」

──大人力の一環として、特に男性に高めてほしいのが「合コン力」。となれば、やはり石原さんが監修されている「大人の合コン力検定2」が最適ですよね?

「手前味噌で恐縮ですが、合コンで臨機応変な立ち居振る舞いをしたい人には、クイズに答えることで繰り返し学習できるようになっている、このアプリがオススメです。合コンに臨む前のイメージトレーニングにも役立つと思います」

後編では、合コン力を高めるアプリの紹介を中心に、大人として覚えておきたいアプリの使い方も伝授していただきます。お楽しみに!

撮影/小島マサヒロ 取材・文/R25スマホ情報局編集部
※この取材は2011年8月18日に行われたものです

<石原壮一郎プロフィール>
いしはら そういちろう
1963年、三重県生まれ。コラムニスト。雑誌編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社サブカルPB)でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として日本の大人シーンを牽引。ビジネスから恋愛、教育など幅広い分野で活躍している。近著に『石原壮一郎の オトナの怒り方』 (青春新書プレイブックス)など。書籍のほか、DSソフトやスマートフォン向けアプリも多数監修している。ツイッターアカウントは「@otonaryoku」。

このテーマで紹介しているアプリ

コラムニスト 大人力を高める 石原壮一郎