アメザリ平井善之さんが選ぶ、会話のきっかけになるアプリ

Android iOS
ToDoをすべて「ワンパンチ・メモ」に記入するという平井さん

「アメザリ平井さん愛用の実用アプリとは?」

お笑いだけでなく漫画やアニメーション、ゲームなども手がけ、マルチな才能を発揮しているアメリカザリガニの平井善之さん。もともとはiPhoneユーザーだったそうですが、サムスン製のスマートフォン「GALAXY S SC-02B」を購入してからは、Androidをメインに使っているのだとか。今回は、そんな平井さんにコミュニケーションのきっかけとなるようなアプリをオススメしてもらいました!

──iPhoneからAndroidに乗り換えたきっかけは何でしょうか。

「iPhoneはフラッシュに対応していないため、サイトの動作確認ができないんですよ…。GALAXY S(フラッシュ対応)は発売してからすぐに購入しました。使っていたiPhoneは、自宅で目覚まし代わりになっています(笑)」

──GALAXY Sは古い機種のため、そろそろ買い替えを検討している時期でしょうか。

「『次期iPhoneはすごいらしい!』なんて噂を聞いて、一瞬検討もしましたが、やっぱりAndroidですかね。現在最有力候補なのは、『GALAXY S III SC-06D』。RAMが2GBもあるので、サクサクじゃないですか! 現在GALAXY Sを使い慣れているので、流れ的にもGALAXY S IIIですよね」

2年間愛用してきたGALAXY Sに、そろそろ限界を感じていると平井さんは話す

──なんでも平井さんは、「Yahoo!家庭の医学 – 病気の症状、診断、治療法を解説」を一風変わった使い方で使っているそうですね?

「実は、コミュニケーションツールとして使っているんですよ。例えば、ちょっと咳き込んでいる友人や後輩がいたら、このアプリを見て『もしかして、心不全ちゃうか…?』とかって不安を煽るんですよ(笑)。無理やりでも『今、なんか息苦しくない?』とか。話のネタとして大活躍していますね」

──それは言われたらイヤかもしれませんね(笑)。ほかにもよく使っているアプリはありますか?

「ホーム画面に付せんのようにメモを貼れるウィジェットアプリ『ワンパンチ・メモ』は、かなり使い込んでいますね。スマートフォンを見たら、絶対に付せんが目に入るようにしています。『やれ!』と自分を脅迫する感じですね。いつもギッシリ書き込まれていて気持ち悪くなるのですが、効率はめちゃめちゃいいです!」

──端末の動作が重くならないように気を使っているそうですね。

「使わないアプリは、できるだけ削っているのが現状です。なので、実生活や仕事で使うアプリしか入れてないですね。GALAXY S IIIに替えるまでは、バッテリーの持ちや処理スピードを最適化してくれるアプリ『スマホ最適化ボックス』で持ちこたえるつもりです」

──Sleep as Android」は、眠りの深さを計測して快適な目覚めを誘導してくれる目覚ましアプリ。最近使い始めたとお聞きしましたが…。

「どの時間に眠りが深いのか、グラフで教えてくれるのがおもしろいですね。まだ3日しか使っていないので、もっとデータを入れてやらないといけないかもしれません」

これらのアプリを使いこなせば、あなたも平井さんのようにコミュニケーションがうまくとれたり、スマートフォンを効率よく利用したりできるかも?

※この取材は2012年8月9日に行われたものです
撮影/鶴崎 燃 取材・文/ノオト

<アメリカザリガニ平井善之プロフィール>
ひらい よしゆき
1973年3月12日、大阪府出身。
1994年、柳原哲也さんと漫才コンビ「アメリカザリガニ」を結成。ボケを担当する。
1998年の「第19回ABCお笑い新人グランプリ」審査員特別賞をはじめ、「第28回NHK上方漫才コンテスト」最優秀新人賞、「第31回上方お笑い大賞」最優秀技能賞、「第6回MBS新世代漫才アワード」優勝など、数多くの漫才賞で優秀な成績を収める。
2010年には、「TX世界卓球CMアワード」でアニメ作品が奨励賞受賞を受賞、集英社が発行する『最強ジャンプ』では、漫画『「サキよみ ジャンBANG!」発 ザリパイ先生の4コマ漫画コ~ナ~DARO!』を連載、ニンテンドー3DS用ゲームソフト「GUILD01」内のゲーム「レンタル武器屋 de オマッセ」を制作するなど、多方面で活躍中。

■アメリカザリガニ 公認サイト
■平井善之 – Twitter
■松竹芸能

このテーマで紹介しているアプリ

アメザリ平井善之 アメリカザリガニ エンタメアプリ コミュニケーション