【関西人厳選!】帰省したら食べたいご当地グルメTOP10

味の違いは出汁にアリ? 写真:Nishihama / PIXTA(ピクスタ)
各地域で親しまれ、愛されてきた“ソウルフード”。特に関西では、“たこ焼き”など全国区となったものが多いが、いざ東京で食べてみたら味付けが全然違う、なんてこともあるかもしれない。そこで、現在一都三県に住む関西出身の20~30代男女100人を対象に、関西に帰って食べたいグルメについてアンケート調査した。

■関西に帰って食べたいグルメTOP10
(16の選択肢から1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

1位 たこ焼き 193pt
2位 うどん 83pt
3位 ネギ焼き 68pt
4位 豚まん 58pt
5位 ホルモン 43pt
5位 串かつ 43pt
7位 柿の葉すし 15pt
8位 箱寿司 10pt
9位 ちりめん山椒 10pt
10位 松茸昆布 4pt

※番外
食べたいと思うグルメは無い 27pt

やはりと言うべきか、2位と倍以上のポイント差で1位になったのは「たこ焼き」。2位の「うどん」も含めて、関東でも定着している料理に票が集まった。では、その味の違いは何だろうか。以下、その理由を見てみよう。

※コメント末尾には(年齢・性別・出身地→現在の居住地)の順で表記

【1位 たこ焼き 193pt】
「東京ではカリカリの銀だこしかないので、関西の柔らかいたこ焼きが恋しい」(30歳・女性・兵庫県→東京都)
「本当に美味しいたこ焼きが食べれるから。地元に帰ってきた感じがする」(33歳・男性・大阪府→埼玉県)
「東京のたこ焼きは出汁が効いてない」(33歳・男性・大阪府→東京都)
「明石焼きが食べたい」(36歳・男性・兵庫県→神奈川県)
「安くて個数多いので」(23歳・男性・大阪府→東京都)
「関東のたこ焼きがとにかくまずい、関西風と書かれてても全然違う」(36歳・女性・兵庫県→埼玉県)

【2位 うどん 83pt】
「東京の醤油ベースの味に全く慣れない」(35歳・男性・兵庫県→神奈川県)
「関西風のだしが好きで、関東ではなかなか食べられないため」(30歳・男性・大阪府→東京都)
「関東のうどんの汁が塩分濃すぎるので」(36歳・男性・兵庫県→東京都)
「甘みのある出汁が東京には少ない」(39歳・男性・岡山県→東京都)
「東京は出汁がからい」(31歳・男性・兵庫県→神奈川県)
「だしが違うから」(32歳・女性・岡山県→東京都)

【3位 ネギ焼き 68pt】
「ネギと小麦粉ベースがたまらない」(33歳・男性・岡山県→神奈川県)
「ねぎがどっさり入ったものとビールは絶品」(38歳・男性・京都府→東京都)
「関東ではないから」(36歳・女性・大阪府→神奈川県)
「めちゃくちゃおいしい」(37歳・男性・大阪府→東京都)

【4位 豚まん 58pt】
「551の手作りは大阪にしか無いから」(38歳・男性・兵庫県→東京都)
「蓬莱の豚まんは大きくて食べごたえがある」(36歳・女性・奈良県→東京都)
「551に勝る豚まんに東京でめぐりあったことがない。無性に食べたくなるので、関西に帰った時には絶対に買う」(32歳・女性・奈良県→東京都)

【5位 ホルモン 43pt】
「昔からホルモンを食べて育ったので」(27歳・男性・京都府→千葉県)
「とても美味しい」(31歳・男性・大阪府→千葉県)
「(東京には)おいしいものがない」(34歳・男性・京都府→東京都)

【5位 串かつ 43pt】
「東京に美味しい串カツが少ないから」(29歳・男性・兵庫県→千葉県)
「関西に帰った気分がするから」(39歳・男性・奈良県→千葉県)
「新世界の串カツ屋が好き」(35歳・男性・大阪府→東京都)
「お酒にちょうどいいから」(31歳・男性・岡山県→東京都)

「たこ焼き」「うどん」ともに、「出汁」の違いを指摘する声が上がった。また、関東では食べられない料理については、郷土愛が垣間見えるコメントもちらほら。関西出身者以外の人はこのアンケートを参考に、関西に行った際に、関東にはない“おすすめ”グルメを味わってみてはいかがだろうか。

(嶋野清明)

グルメ たこ焼き 関東 関西