これで解消! 夏バテの時に食べたい食材TOP10

これが夏バテへのベストアンサー? 写真:PIXTA(ピクスタ)
暑い日が続き、“夏バテ”を感じている人も多いであろう今日このごろ。しっかり精のつく食べ物を摂りたいところだが、連日の猛暑で既に体がだるくなり、食欲が湧かない人も多いのでは? そこで、20~30代の独身社会人200人(男女各100人)に、夏バテの時に食べたくなる食材について聞いてみた。

■夏バテの時に食べたくなる食材TOP10
(1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

1位 梅干し 216pt
2位 ウナギ 149pt
2位 肉 149pt
4位 しょうが 111pt
5位 とろろ 88pt
6位 レモン 85pt
7位 納豆 63pt
8位 トマト 57pt
9位 きゅうり 53pt
10位 みょうが 42pt

1位の「梅干し」、4位の「しょうが」、6位の「レモン」など、サッパリしたものが並ぶ。また、今なにかと話題の「ウナギ」、そして「肉」が同率で2位にランクインした。どちらも精がつきそうだ。それぞれの食材を選んだ理由や好みの食べ方も見てみてよう。

【1位 梅干し 216pt】
「すっぱいのが体に効いてる感じがするから」(25歳・男性)
「胃がさっぱりする」(31歳・女性)
「クエン酸があるから」(39歳・男性)
「自分で漬けてるので、それをひとつまみ」(39歳・女性)
「にゅうめんやうどんやそばなどにまるごと入れて食べます」(31歳・女性)
「シンプルに梅茶漬けにして食べる」(30歳・男性)

【2位 ウナギ 149pt】
「栄養たっぷりだから」(36歳・女性)
「スタミナが付きそう」(27歳・男性)
「蒲焼でごはんに乗せて」(36歳・女性)
「うな丼にする」(28歳・女性)
「少し気をはって高い鰻重を食べに行く」(36歳・男性)

【2位 肉 149pt】
「スタミナが付くというイメージがある」(33歳・男性)
「元気が出そう」(34歳・男性)
「ステーキでがっつりといきたい」(30歳・女性)
「牛肉をミディアムのステーキで食べる」(38歳・男性)
「塩焼きかたれで食べる」(25歳・女性)
「ニクキムチ炒めにする」(39歳・女性)

【4位 しょうが 111pt】
「体に良い」(2歳・男性)
「元気でそう」(37歳・男性)
「好きだから」(37歳・女性)
「豆腐にのせる」(26歳・女性)
「しょうがをおろして、つけ麺のタレに入れる」(23歳・男性)
「しょうが焼き」(28歳・女性)

【5位 とろろ 88pt】
「食べやすい」(34歳・男性)
「食感がいいから」(39歳・男性)
「とろろそば」(30歳・男性)
「麦飯にかける」(39歳・男性)
「だし汁とご飯と一緒に食べる」(36歳・女性)

6位以下は食べ方を抜粋してご紹介しよう。

【6位 レモン】
「はちみつ漬け」(36歳・女性)

【8位 トマト】
「はちみつと一緒に」(37歳・男性)

【9位 きゅうり】
「みそにつけたり浅漬けで」(29歳・女性)

夏バテに効きそうな食材を「自分で漬ける」人から意外にも「はちみつ」をかける人まで、皆さんこだわりの食べ方が色々あるようだ。また、上位では「クエン酸がある」や「スタミナが付く」など、具体的な効果を期待している理由が目立った。夏バテ気味だと感じたら、この記事を参考に、体に効きそうなものを試してみては?

(嶋野清明)

うなぎ 夏バテ 梅干し 食材