【衝撃】夏休み取得で罪悪感抱く会社員男性は●割!

旅行中もメールをチェックしないと… 写真:マハロ/PIXTA(ピクスタ)

8月も中旬になり、夏休みシーズンに突入。「山の日」からの連休と合わせ、長期休暇を楽しんでいる人もいるだろう。一方で、“休みをまとめて取ると、休みボケが心配…”という声もちらほら。そこで、20~30代の独身男性会社員200人に、理想の夏休みの取り方について聞いてみた。

■夏休みの取り方、理想はどっち?
・なるべく連続で取得派 75.0%
・日をばらして取得派 25.0%

やはり連続で休みを取りたい人がほとんどだった。しかし、少数派ながら、ばらして取りたい人の意見も気になるところ。選んだ理由も見てみよう。

【なるべく連続で取得派】
・普通の祝日と大差ないとり方はいや(39歳)
・まとまった休みがないと休んだ気がしない(28歳)
・旅行に行きたいから長期でないと近場しか行けそうにないから(22歳)
・短期間ではリフレッシュできそうにないから(26歳)
・青春18きっぷで一人旅したいから(25歳)
・まとめて休みたいから。仕事を忘れてボーっとしたいから(39歳)

【日をばらして取得派】
・長期間休むと働く意欲がなくなりそう(35歳)
・疲れているときにとりたい(30歳)
・休みが続くとダラダラするから(26歳)
・旅行に行く予定がないなら、バラバラに何度かあったほうが、次の休みを楽しみに頑張れる(36歳)
・連休は前の日が大変なので(38歳)

「連続で取得派」は「普段の休みとの違い」を求める意見が多かった。その一方で、「ばらして取得派」は「働く意欲がなくなる」や「前の日が大変」など、仕事を考慮した理由が目立つ。

ところで、みんな一斉にではなく交代でバラバラに休みを取る場合、余計に会社のことが気になってしまうこともあるだろう。そこで、次の2つの質問も聞いてみた。

■夏休み中、罪悪感はある?

・どちらかといえば感じる派 38.5%
・どちらかといえば感じない派 61.5%

■夏休み中、電話やメールで仕事の連絡がくることは?
(※単なる「共有メール」などは除き、自身が「返事・返信」など何らかの仕事をしないといけない連絡を想定)

・よくある 8.0%
・ときどきある 29.5%
・ない 62.5%

なんと「罪悪感を覚える」人が約4割という結果に。また「休暇中に連絡が来る」人も「よくある」「ときどきある」を合わせると、4割近くにのぼり、休暇中、「仕事を忘れてボーっと」するわけにはいかないケースが多いようだ。

今年6月には政府が「休み方改革」に乗り出すと発表し、各企業が「休みやすい環境」づくりに奔走している昨今。どうか、心から休める日が1日も早く来ますように…。

(嶋野清明)

仕事 休暇 夏休み 連絡