マツタケを抑えて1位は…!? 秋の味覚“キノコ”人気ランキング

低カロリーで栄養も豊富な“秋の味覚” 写真:プロモリンク / PIXTA(ピクスタ)
秋の代表的な食材といえばキノコ。栽培ものなら一年中スーパーに並んでいるが、ほとんどの天然ものはこの季節に“旬”を迎える、まさに秋の風物詩だ。そこで、20~30代の男性200人に「好きなキノコの種類」を聞いてみた。

■好きなキノコの種類TOP10

(3つまで選択、協力:アイリサーチ)

1位 マイタケ(40.1%)
2位 エリンギ(33.3%)
3位 エノキ(32.7%)
4位 シメジ(31.5%)
5位 マツタケ(29.0%)
6位 シイタケ(24.7%)
7位 キクラゲ(16.0%)
8位 マッシュルーム(14.2%)
9位 ナメタケ〈なめこ〉(13.6%)
10位 トリュフ(4.3%)

1位には「マイタケ」がランクイン。独特の香りと歯ざわりの良さを好む人が多いのかもしれない。2~4位はほとんど差がなかったが、手軽に買えてどんな調理法でもおいしいものが上位に並んだ。では、好みの食べ方はなんだろうか。寄せられたコメントのなかから、特に目立った料理をお届けしよう。

【1位:マイタケ】
・天ぷら(28歳)
・うどんのトッピングとして(28歳)
・蒸す(28歳)
・きりたんぽ(27歳)

【2位:エリンギ】
・グラタン(25歳)
・焼肉と一緒に焼く(29歳)
・バター醤油(29歳)
・素焼き(29歳)

【3位:エノキ】
・すき焼き(28歳)
・お好み焼きに刻んで入れる(22歳)
・ベーコン巻き(28歳)
・スープに入れる(26歳)

【4位:シメジ】
・カレー(25歳)
・茶碗蒸し(22歳)
・炒めご飯(26歳)
・和風パスタ(28歳)

【5位:マツタケ】
・松茸ご飯(24歳)
・丸々1つ焼く(24歳)
・土瓶蒸し(25歳)
・刺身(24歳)

使い勝手のいいキノコのなかでも、1位の「マイタケ」はバリエーションの豊富さが目立つ。一方で、5位の「マツタケ」はどれもキノコが主役になる料理ばかり。さすがは高級食材だ。皆さんもいろんな調理法で“秋の味覚”を堪能してはいかがだろうか。

(嶋野清明)

きのこ マツタケ 味覚