会社の飲み会で困る…味の違いがわからないお酒1位は?

焼酎は割ったら余計わからない? 
焼酎は割ったら余計わからない? 
5月もそろそろ終わり。新入社員の多くは、歓迎会などの会社の飲み会を既に経験したはず。そんな飲み会でよく耳にすることといえば、お酒のウンチクだ。「この銘柄のワインは美味しい」「この地方の日本酒を飲んでみてよ!」といった上司の言葉に、わからないながらも頷くしかなかった、という人もいるだろう。そこで、20~30歳男性会社員200人にアンケート。「実際はそこまで味なんてわからないお酒」について聞いてみた(協力:アイリサーチ)。

■実はイマイチ「味の差」がわからないお酒TOP5
※各カテゴリに対して4項目から単一回答。
※わからない率は「あまりわからないが、不味いものはわかる」「まったくわからない」の合計

1位:焼酎(わからない率74.0%)
・値段や善し悪しなどもわかる 5.5%
・美味しいか美味しくないかはわかる 20.5%
・あまりわからないが、不味いものはわかる 22.5%
・まったくわからない 51.5%

2位:ウイスキー(わからない率68.5%)
・値段や善し悪しなどもわかる 9.5%
・美味しいか美味しくないかはわかる 22.0%
・あまりわからないが、不味いものはわかる 18.5%
・まったくわからない 50.0%

3位:ワイン(わからない率65.5%)
・値段や善し悪しなどもわかる 6.5%
・美味しいか美味しくないかはわかる 28.0%
・あまりわからないが、不味いものはわかる 20.0%
・まったくわからない 45.5%

4位:日本酒(わからない率63.0%)
・値段や善し悪しなどもわかる 7.5%
・美味しいか美味しくないかはわかる 29.5%
・あまりわからないが、不味いものはわかる 15.5%
・まったくわからない 47.5%

5位:ビール(わからない率52.0%)
・値段や善し悪しなどもわかる 16.5%
・美味しいか美味しくないかはわかる 31.5%
・あまりわからないが、不味いものはわかる 19.5%
・まったくわからない 32.5%

わからない率が最も高かったのは「焼酎」だった。7割以上の人がわからないという衝撃的な結果に。2位には「ウイスキー」が続いた。割って飲める蒸留酒は味がわかりにくいのだろうか。では、わからないお酒ではなく好きなお酒だったらどうだろうか。上の質問で「値段や善し悪しなどもわかる」「美味しいか美味しくないかはわかる」と回答した人に、「好きなお酒のこだわり」について聞いてみた。

【ビール】
「お酒の標準装備だと感じるため、こだわりを持って麦の味を風味を感じることのできるものが飲みたいから」(25歳)
「いつも飲み慣れているものだから、美味しいものを選びたい」(37歳)
「価格ではなく、製法や原材料などをしっかりチェックする」(31歳)
「飲む際には直前に少しだけ冷凍庫でキンキンに冷やしてのどごしとキレをより味わえるようこだわっている」(30歳)

【日本酒】
「甘味があって飲みやすい日本酒にこだわっている」(23歳)
「安くておいしいものを探している」(39歳)
「生原酒や大吟醸といった種類にこだわりがある」(29歳)

【ワイン】
「フルボディで飲みやすいものの中から、料理に合わせた風味のものを飲む」(30歳)
「白ワイン。辛口は食事中に。甘口を食後に楽しむ。スイーツとドイツワインの甘口や、アイスワインは絶妙に合う」(31歳)
「甘口で渋みがなく飲みやすいこと」(39歳)

【ウイスキー】
「香りがよく、ロックでおいしく飲めるもの」(37歳)
「スモーキーさを重視している」(27歳)
「ハイボールならメーカーにこだわる」(22歳)

【焼酎】
「ロックでしか飲まない」(21歳)
「風味がちょうどよい」(37歳)
「香り」(33歳)

好きな人にとっては、こだわりの味や飲み方がはっきりとあるようだ。特に一番飲む機会の多そうな「ビール」は、かなりのこだわりようが垣間見えた。「どうせお酒なんてみんな同じ」と思ってる人がいたら、まずはいろいろ試してみて自分の好きな味を見つけてみては?

(嶋野清明)

世論調査